Economic Development Policy and Management
経済開発政策と開発マネジメント
Dwight H. Perkins, Steven Radelet, David L. Lindauer "Economics of development" 333||G||6th ed. OPAC WebcatPlus
コメント / Comennt
準備中
Gerald M. Meier, James E. Rauch "Leading issues in economic development "333||M||8th ed OPAC WebcatPlus
G.M.マイヤー 『国際開発経済学入門』 333.8||Me OPAC WebcatPlus
Long the standard in its field, this distinctive book for courses in economic development reflects fresh thinking on changes in the subject and on new problems confronting the development community. Prof. Meier (and Prof. Rauch) selects the most insightful readings from a variety of sources, integrates them into a topical structure, and deftly brings them together with his (their) own explanatory sections. A wide variety of development issues, concepts, and theories are presented from a wide variety of viewpoints.
長きに渡って経済開発分野のスタンダードであるこの傑作は、開発コミュニティーが直面する新しい問題や、開発の取り組む領域の変化に対して新しい考察を提供し続けてきた。マイヤー教授(後に第7版よりローチ教授も加わる)は、種々のソースから最も洞察性に富む読み物を集め、トピックごとにそれらを集約し、また、彼(彼等)の説明ノートによりそれらを巧みに統合している。多岐にわたる開発イシュー、開発概念、開発理論が種々の視点・観点から提供されている経済開発読本の定番である。
原洋之助 『アジア経済論:新版』 332.2||H OPAC WebcatPlus
アジア12カ国の経済発展の歴史と現状を詳細に纏めた本で、各国経済の入門として最適。本書の特徴は、アジア経済論が多い中で、地域研究者ではなく経済学を専門とする執筆陣によって書かれていることであり、常に経済発展あるいは経済学の理論が意識されている。

Hollis Chenery and T.N. Srinivasan "Handbook of development economics " 330.36||H||1-4 OPAC WebcatPlus

This handbook covers 48 topics (chapters) on development economics, which are grouped into 9 parts with short introductions by the editors. Most of the chapters include 100 to 200 references, though some chapters more while some others less, and the whole volumes consist of 3047 pages. Each chapter is written by top development economist(s) in each field such as Chapter 1 on the concept of development by Amartya Sen, Chapter 2 on the roots of development theory by W. Arthur Lewis, Chapter 5 on economic organization, information, and development by Joseph E. Stiglitz, and so on, providing extensive review and standard analysis of advanced level on the respective field. This handbook is the most comprehensive and exhaustive source of information on development economics. It will serve as an indispensable reference for all development economists in doing researches on specific development problems and deepening them.  Volumes 1 and 2 were published in 1988 and 1989,while Volumes 3A and 3B in 1995. Many changes occurred in the study and practice of international development during the period from 1988 to 1995 (when the editor Hollis Chenery passed away). Practically, among others, the centrally planned economies of Eastern Europe collapsed. The debt crisis was almost settled. The structural adjustment programs were implemented widely and intensively. Market economy prevailed globally and the role of government was re-examined. Academically, new tools of econometric analysis became applicable. "Endogenous growth theory" or "new growth theory" emerged. Volumes 3A and 3B incorporate these changes, adding 14 new topics (chapters) to Volumes 1 and 2. We can see what is changing and what remains unchanged in the theory and practice of international development by comparing the first two and the latter two volumes of this handbook.
Joseph E. Stiglitz "Globalization and its discontents" 333.6||St OPAC WebcatPlus
ジョセフ・E・スティグリッツ 『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』 338.97||St OPAC WebcatPlus
This was one of the most selling books by the winner of the 2001 Nobel Prize Economics. It looks back the globalization trend in the 1990s and asks whether it has helped the poor. Once he himself being a chief economist of the World Bank, it gives an interesting inside story of various global issues dealt by the international economic organizations. In particular, all through the book, he criticized policies by IMF so harshly that one of the IMF economists had to write an open letter to Stiglitz in the IMF home page. This is not a theoretical textbook, but it gives a lot of insight to the function of international organizations.
この本は2001年ノーベル経済学賞を受賞した著者による執筆で、当時最も売れた本の一冊である。その内容は、1990年代のグローバリゼーションを回顧し、それが世界の貧困層を助けることになったかどうかを問うている。世界銀行のチーフ・エコノミストとしての経験等にもとづき、国際経済機関が関与した重要な世界経済問題の内幕について興味深い議論が展開されている。とくに、ほぼ全巻をとおして、強烈なIMF批判が展開されており、IMFの政策担当者がホームページで反論を展開せざるを得なかったほどである。理論書ではないが、国際機関の機能について考えさせる一冊である。
小浜裕久, 渡辺真知子 "戦後日本経済の50年 : 途上国から先進国へ" 332.107||Ko OPAC WebcatPlus
コメント / Comennt
準備中
Kenichi Ohno, Izumi Ohno "Japanese views on economic development : diverse paths to the market" 332.2||R||SG-15 OPAC WebcatPlus
コメント / Comennt
準備中

Joseph E. Stiglitz "Making globalization work" 333.6||St OPAC WebcatPlus
ジョセフ・E.スティグリッツ 『世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す』 333.6||St OPAC WebcatPlus

 

コメント / Comennt
準備中
Michael P. Todaro "Economic Development" 333||T||10th ed OPAC WebcatPlus
マイケル・P・トダロ 『 トダロとスミスの開発経済学』 333||To||8th ed OPAC WebcatPlus
This book is an updated version of one of the most comprehensive textbook of development economics. It embodies case studies from different parts of the world, such as Africa, Asia, Latin America, as well as transitional economies, at the end of each chapter. Compared to the previous version, this updated version involves two new chapters, Chapter 5 on Contemporary Models of Development and Underdevelopment and Chapter 9 on Human Capital: Education and Health in Economic Development. Recent evolution of poverty issues is captured by expanded Chapter 6 on Poverty and Inequality. Overall, almost all issues of development economics are covered with significant consideration.
本書は、開発経済学のもっとも包括的なテキストブックのひとつの最新版である。アフリカ、アジア、ラテンアメリカとともに移行経済といった世界のさまざまな地域のケーススタディが、各章の最後に掲載されている。前版と比べると、この最新版にはあらたに次の2つの章、第5章 「開発と低開発の近代モデル」、第9章 「人的資本:経済開発における教育と保健」が加えられた。貧困問題に対する最近の展開も、第6章 「貧困と不平等」の拡張部分にまとめられている。よって、開発経済の諸問題のほとんどすべてが、十分な考察とともに網羅されている。
Ministry of Foreign Affairs "Japan's ODA" 333.8||J OPAC WebcatPlus
外務省『政府開発援助(ODA)白書』 333.8||G OPAC WebcatPlus
These books provide the annual reports and summary of the Japanese ODA. Not only the data and results of Japanese ODA are presented, these books also cover World ODA flows and trends and also makes mention of Japanese ODA guidelines. For instance, the summary book encapsulates several actual introductions of projects in developing countries, under topics column. Here readers can have a feel of development processes in practice. Because the Annual Report gives cumulative data on Japanese ODA on a country-wise basis, it is a good book for researchers to capture how Japanese works in principle and practice.
本書は日本政府開発援助(ODA)についての年報であり、毎年のODA実績が記載されている。また、実績データーだけでなく、世界のODAの潮流、日本の援助方針が書かれており、特にトピックスとしてボックスにプロジェクトの紹介を挿入していることで、現場の様子を垣間見ることが出来る。本書は3分冊となっており、概要版でODAの要旨と簡単な実績をのべて、上巻は日本援助の一年間援助実施方針と実績の詳細を示し、下巻には各国に対する日本援助実績を累計も含め掲げているのでODA研究者の基本となる書籍である。

奥田英信, 三重野文晴, 生島靖久 『開発金融論』 338||O OPAC WebcatPlus

経済のグローバリゼーションにより国際的な資金移動は活発化し、同時に国内の金融自由化も進んでいる。さらに、アジアの通貨危機など、金融部門に端を発した通貨危機、経済危機の可能性が増大している。このように、経済発展における金融セクターの重要性はますます高まっているが、多くの経済発展論の教科書では、金融部門の取り扱いはきわめて限定的であり、今日の発展途上経済を理解するのには十分であるとは言い難い。本書は、途上国の金融システムを紹介するのみならず、金融と経済発展の関わりを多面的な側面から、基礎理論と実証分析をふまえて解説したもので必読の基本図書である。本書は、以下の 4 部構成となっている。第 1 部:経済発展と金融セクター、第 2 部:開発金融システムの基本デザイン、第 3 部:開発途上国における資金調達、第 4 部:開発途上国における対外ファイナンス。

大坪滋 『グローバリゼーションと開発』 指定||333.8||O OPAC WebcatPlus

本書は、名古屋大学大学院国際開発研究科 国際開発・協力コース において開発研究・教育を展開する11名の教員による、当研究科初の学際的研究・教育成果の公表出版として、 研究科からの出版助成を受ける第 1 号としての任務を背負って出版されました。 また本書は、平成 18-20 年度の 3 年に渡る 科学研究費補助金 基盤研究 B( 一般 ) 『グローバリゼーション下の途上国開発戦略の統合研究:「国際開発経済学」の構築』 ( 課題番号 :18330060) (代表 : 大坪滋)による共同研究での研究成果を元に編纂されており、科研研究成果報告をそのまま商業出版で行う 名古屋大学第 1 号案件として、本学研究担当副総長の推薦のもと、学術振興会から特別の許可を頂いて出版されたものでもあります。 

経済学者の「国際開発経済学」分野を核に、国際政治学 国際経済法学 国際環境協力論 平和構築学 開発社会学 歴史・文化論 移民学の各分野の研究者の参加を得てグローバリゼーションの重要な諸相を洗い出し、その下での主要な開発課題をチームとして取り扱い、「グローバリゼーション」を題材に 幾度も互いの学問領域に踏み込みつつ各執筆者の課題設定・分析手法・政策提言について朝から晩まで議論を戦わせながら 国際開発における「政治」「経済」「文化」の整合的な提示 「 New Political Economy 」の提示に近づけることを目指したものです。 特に、「経済開発政策と開発マネジメント」「ガバナンスと法」「平和構築」「社会開発と文化」の各専門プログラムを当研究科における Major/Minor 専攻課題を考えている学生には必読書と言えます。

本書は 国際開発を志す学生や 既にこの分野で活動されている実務家向けに編纂されたテキストであるとともに 読者が興味を持った分野において読み進むべき代表的な著作を解説入りで紹介する「参考文献ガイド」や 関連インターネット・リソースの紹介を行う「インターネット・リソース・ボックス」を配し グローバリゼーション読本としての役割も強化しております。

平成21年2月

(GSID執筆者一同)

大坪 滋 (編者)

浅川 晃広 , 伊東 早苗, 大橋 厚子

長田 博, 川島 富士雄, 木村 宏恒

新海 尚子, 中西 久枝 , 藤川 清史

東村岳史(執筆協力)

Paul Hirst and Grahame Thompson "Globalization in question : the international economy and the possibilities of governance" 333.6||H||2nd ed OPAC WebcatPlus
‘Globalization' is one of the key concepts of our time. It is used by both the right and the left as the cornerstone of their analysis of the international economy and polity. In both political and academic discussions, the assumption is commonly made that the process of economic globalization is well under way and that this represents a qualitatively new stage in the development of international capitalism. But is there in fact such a thing as a genuinely global economy? Globalization in Question investigates this notion, providing a very different account of the international economy and stressing the possibilities for its continued and extended governance.
Richard E. Caves, Jeffrey A. Frankel, Ronald W. Jones "World trade and payments : an introduction"678.4||C||10th ed. OPAC WebcatPlus
リチャード E. ケイブズ, ジェフリー A. フランケル, ロナルド W. ジョーンズ 『国際経済学入門』 678.4||C OPAC WebcatPlus
コメント / Comennt
準備中
Stuart R. Lynn "Economic development : theory and practice for a divided world"333.6||L OPAC WebcatPlus
Being first published in 2003, this textbook reflects the most recent theoretical development and addresses the up-to-date development issues. The book is well balanced in paying attention to the roles of both market system and government policy. It is also rich in theoretical illustration of diverse country case studies and real-world situations. The extensive bibliography and information on related web sites will facilitate the deeper independent study. This book will surely become one of the popular standard development economic textbooks.
Teranishi Juro "Evolution of the economic system in Japan" 332.106||T OPAC WebcatPlus
寺西重郎 『日本の経済システム』 332.106||Te OPAC WebcatPlus

コメント / Comennt
準備中
UNDP "Human development report 1999 : Globalization with a human face"305.9||H||1999 OPAC WebcatPlus
国連開発計画 『人間開発報告書 1999 : グローバリゼーションと人間開発』 305.9||H||1999 OPAC WebcatPlus
The Human Development Report 1999 under the theme ‘Globalization with a human face' points out that globalization can enhance social and economic benefits for many people; however, on the other hand, it will cause unbearable pain to the underprivileged groups of people in society. At any rate, globalization is causing big gaps or inequality in living standards, let alone is a potent force for causing social disharmony. Situated in this context, the report mentions two approaches: governance and free market, which could be used to build new framework to address inequities in distribution of goods, services and income per se. Cross-sectional data comparisons made between countries and between sectors, is a key feature of the report, which is quite useful to be used as an introductory textbook; however, a limitation of this report is that it is quite broad to capture specific issues deeply.
本書はグローバリゼーションがもたらした経済的、社会的恩恵のもとで、社会的弱者に対する問題また、恩恵を受けられなかった者との格差について問題視している。つまり公平性を問いただしているとも言える。グローバリゼーションをガバナンス、市場という二課題からとらえることで、これらの問題解決に新しい枠組みを構築することを提示している。本書は世界中の豊富なデーターを駆使し、幅広い分野からアプローチをしており一般書としては最適であるが、各国の政策を扱うだけに深みに欠ける点はしかたがないであろう。
W.W. Rostow "The stages of economic growth : a non-communist manifesto"332.06||R OPAC WebcatPlus
W.W.ロストウ『経済成長の諸段階 : 一つの非共産主義宣言』 331.19||R OPAC WebcatPlus
Economic development is the process which involves not only economy but also political development, social development, transition of value of judgement and so forth. This book reviews historical development process from such point of view. The word "economic take-off" originates from this book.
経済発展は、経済のみならず、政治、社会、価値観など諸要素が相互に影響する過程である。本書はそのような立場に立って、経済発展を歴史的プロセスとして多面的に捉えるヒントを与える。なお、「経済的離陸」という用語は本書を起源とする。
World Bank "The East Asian miracle : economic growth and public policy" W332.2||In OPAC WebcatPlus
世界銀行『東アジアの奇跡 : 経済成長と政府の役割』332.2||W OPAC WebcatPlus
East Asia has a remarkable record of high and sustained economic growth. Most of this achievement is attributable to seemingly miraculous growth in just eight economies: Japan, the “Four Tigers” ? Hong Kong, the Republic of Korea, Singapore, and Taiwan, China; and the three newly industrializing economies (NIEs) of Southeast Asia, Indonesia, Malaysia, and Thailand. These eight high-performing Asian economies are the subject of this study. The study, first of all, investigates the origins of the “Asian Economic Miracle” with a focus on the relationship between public policies and rapid and sustained growth. Then, it examines how the success of these eight high-performing East Asian economies can apply to a changing world economy. This is a good introductory book for those of students who would like to understand the modern economic growth of East Asia.
東アジアの多くの国はこれまで、高度経済成長を長い期間にわたって持続させることに成功してきた。特に、日本、香港、韓国、シンガポール、台湾といったアジア新工業国、ならびに、インドネシア、マレーシア、タイといった新興工業国のパーフォーマンスには目をみはるものがある。本書は、これら8ヶ国を対象に研究を行った成果である。まず最初に、これら諸国が何故、高度経済成長を遂げることに成功してきたのか、特に公共政策に重点をおいて研究を行っている。さらに、これら東アジアの経験が、ますます変化する世界経済の中で、他の諸国に適応可能かどうか分析を試みている。本書は、東アジア諸国の経済発展についての恰好の入門書である。
World Bank "World development report 1999/2000 : Entering the 21st Century"W333.605||W||1999/2000 OPAC WebcatPlus
世界銀行 『世界開発報告 1999/2000 : 21世紀はどうなるか』 W333.605||W||1999/2000 OPAC WebcatPlus
Globalization and localization?the integration of the world economy and the increasing demand for local autonomy?are two of the most important forces shaping development as we enter the 21st century. These forces will affect trade, capital flows, the global environment, and will require countries to seek a dynamic equilibrium at both international and subnational levels. This 22nd edition of the WDR analyses how these forces could reshape the international landscape in the new millennium, and proposes rules and structures on which to build a more effective, comprehensive approach to development in the new century.
グローバリゼーションとローカリゼーション──国際経済の統合化と地方自治への高まる要求──は、21世紀に向かっての開発を形づくる2つの最も重要な諸力である。これら諸力は、貿易、資金フロー、地球環境に影響を与え、諸国に国際と国内の両レベルにおいての動学的均衡を求めることを要求する。「世界開発報告」第22号となるこの2000年記念号は、これら諸力が新世紀において国際経済社会をどのように変革して行くかを分析し、21世紀における開発への、より効果的で包括的なアプローチを構築するためのルール作りや構造改革の提言を行っている。
World Bank "World development report 2000/2001 : Attacking poverty"W333.605||W||2000/2001 OPAC WebcatPlus
世界銀行『世界開発報告 2000/2001 : 貧困との闘い』W333.605||W||2000/2001 OPAC WebcatPlus
Poverty has been the biggest challenge in the world. It is stated that 46.7% of the world population lived on less than $2 a day and 20% lived on less than $1 a day in 2000. Moreover, poverty is not only a nexus of income and expenditure. All other kinds of necessities that have to be kept in order to form a decent living environment should be taken into consideration. This book starts from the issues of measurement of poverty, the causes of poverty and also touches upon how to make development assistance more effective in poverty reduction. This report provides good consultation over this important issue.
貧困撲滅は、人類の最大の課題である。2000年には全世界人口の46.7%の人々が1日2ドル以下で、また20%の人々が1日1ドル以下で暮らしていたという。さらに、貧困は、単に所得と支出のみを鑑みればよいものではない。適切な生活環境を形成するのに必須となる要素はすべて考慮に入れなければならない。 本報告書は、貧困の計測、貧困の要因から始まり、どのようにしたら開発援助が貧困削減により効果的に寄与するか、という問題についても触れている。本報告書は、この重要課題に対するよい参考書となる。
吉冨勝 『アジア経済の真実 : 奇蹟、危機、制度の進化』 332.2||Y OPAC WebcatPlus
東アジアの奇蹟的発展と1997年のアジア金融危機という二つの対立しうる事象を分析する枠組みを探求した結果、そのパラドックスを明らかにしていく方法の1つとして制度インフラの分析があげられている。  経済の発展とともに制度の発展段階説が金融市場にあてはまることが示され、最後に、今後のアジアにおける地域金融協定、および経済発展のための条件と各国の役割が述べられ、まとめられている。 筆者は、アジア開発銀行研究所所長を1999年から4年間務め、パラダイム解明にさまざまな研究者と議論をしセミナーを開催して検討した結果を本書に集約しており、アジア経済、金融危機の解明を考えるにあたりおさえておくべき著書である。
Rural and Regional Development Management
農村・地域開発マネジメント
Andrew Shepherd " Sustainable rural development "611.1||Sh OPAC WebcatPlus
コメント / Comennt
準備中

伊佐淳, 松尾匡, 西川芳昭 『地域の自立と持続可能性』 318.6||I OPAC WebcatPlus

コメント / Comennt
準備中
Joseph E. Stiglitz "Globalization and its discontents" 333.6||St OPAC WebcatPlus
ジョセフ・E・スティグリッツ 『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』 338.97||St OPAC WebcatPlus
This was one of the most selling books by the winner of the 2001 Nobel Prize Economics. It looks back the globalization trend in the 1990s and asks whether it has helped the poor. Once he himself being a chief economist of the World Bank, it gives an interesting inside story of various global issues dealt by the international economic organizations. In particular, all through the book, he criticized policies by IMF so harshly that one of the IMF economists had to write an open letter to Stiglitz in the IMF home page. This is not a theoretical textbook, but it gives a lot of insight to the function of international organizations.
この本は2001年ノーベル経済学賞を受賞した著者による執筆で、当時最も売れた本の一冊である。その内容は、1990年代のグローバリゼーションを回顧し、それが世界の貧困層を助けることになったかどうかを問うている。世界銀行のチーフ・エコノミストとしての経験等にもとづき、国際経済機関が関与した重要な世界経済問題の内幕について興味深い議論が展開されている。とくに、ほぼ全巻をとおして、強烈なIMF批判が展開されており、IMFの政策担当者がホームページで反論を展開せざるを得なかったほどである。理論書ではないが、国際機関の機能について考えさせる一冊である。
Jules N Pretty "Regenerating agriculture : policies and practice for sustainability and self-reliance"611.1||P OPAC WebcatPlus
コメント / Comennt
準備中
Michael P. Todaro "Economic Development" 333||T||10th ed OPAC WebcatPlus
マイケル・P・トダロ 『 トダロとスミスの開発経済学』 333||To||8th ed OPAC WebcatPlus
This book is an updated version of one of the most comprehensive textbook of development economics. It embodies case studies from different parts of the world, such as Africa, Asia, Latin America, as well as transitional economies, at the end of each chapter. Compared to the previous version, this updated version involves two new chapters, Chapter 5 on Contemporary Models of Development and Underdevelopment and Chapter 9 on Human Capital: Education and Health in Economic Development. Recent evolution of poverty issues is captured by expanded Chapter 6 on Poverty and Inequality. Overall, almost all issues of development economics are covered with significant consideration.
本書は、開発経済学のもっとも包括的なテキストブックのひとつの最新版である。アフリカ、アジア、ラテンアメリカとともに移行経済といった世界のさまざまな地域のケーススタディが、各章の最後に掲載されている。前版と比べると、この最新版にはあらたに次の2つの章、第5章 「開発と低開発の近代モデル」、第9章 「人的資本:経済開発における教育と保健」が加えられた。貧困問題に対する最近の展開も、第6章 「貧困と不平等」の拡張部分にまとめられている。よって、開発経済の諸問題のほとんどすべてが、十分な考察とともに網羅されている。
Ministry of Foreign Affairs "Japan's ODA" 333.8||J OPAC WebcatPlus
外務省『政府開発援助(ODA)白書』 333.8||G OPAC WebcatPlus
These books provide the annual reports and summary of the Japanese ODA. Not only the data and results of Japanese ODA are presented, these books also cover World ODA flows and trends and also makes mention of Japanese ODA guidelines. For instance, the summary book encapsulates several actual introductions of projects in developing countries, under topics column. Here readers can have a feel of development processes in practice. Because the Annual Report gives cumulative data on Japanese ODA on a country-wise basis, it is a good book for researchers to capture how Japanese works in principle and practice.
本書は日本政府開発援助(ODA)についての年報であり、毎年のODA実績が記載されている。また、実績データーだけでなく、世界のODAの潮流、日本の援助方針が書かれており、特にトピックスとしてボックスにプロジェクトの紹介を挿入していることで、現場の様子を垣間見ることが出来る。本書は3分冊となっており、概要版でODAの要旨と簡単な実績をのべて、上巻は日本援助の一年間援助実施方針と実績の詳細を示し、下巻には各国に対する日本援助実績を累計も含め掲げているのでODA研究者の基本となる書籍である。
Nagamine Haruo "Regional development in third world countries : paradigms and operational principles" 333.5||N OPAC WebcatPlus
長峯晴夫『第三世界の地域開発 : その思想と方法』 333.5||N OPAC WebcatPlus
This book represents the author's first-hand experiences and insights gained through his many years of training and research activities at United Nations Center for Regional Development (UNCRD). The author's major concern in this book is three-fold. First is to specify the objectives of regional development policy and the theoretical and methodological requirements for development planning and implementation. Second is to examine the methods of training or how best to impart the accumulated knowledge to Third World regional development planners. Third is to ascertain if the Japanese experience in regional development contains anything intrinsic to offer regarding the issues above, and to argue exactly what role the Japanese can and should play.  Originally written in Japanese and recognized through several prominent academic awards, the book reviews development theories and paradigms, identifies operational methodologies for local and regional development, and explores new approaches to support "development from within" highlighted by "capacitation" which means to strengthen the social capacity for problem-solving. This book has been, and will continue to be, used as a textbook for students, a sourcebook for researchers, and in particular, as guidelines for government planners and non-governmental practitioners working for Third World regional development.  The author was one of the founding faculty members of the Graduate School of International Development, Nagoya University, a pioneering program in Japan on advanced studies of Third World development.
本書は、著者の長年の国連地域開発センター(UNCRD)における研修・研究活動を通じて獲得されたファーストハンドの経験と洞察を代表する著作である。その全体を貫く著者の主要な関心事は3つある。第1は、政策課題としての地域開発の具体的内容を規定した上で、その計画と実施に必要な思想と方法の枠組を展開すること、第2は、開発推進のための人材の養成過程における知識の移転方法に関すること、第3は、上記2つの問題に関連して、日本ないしは日本人が果たすべき固有の役割があるかどうか、もしあるとすればそれは何かである。  この日本語の原著は、いくつかの著名な賞を受賞するなど、学会から高い評価を受けているが、本書では、まず、開発理論とパラダイムをレビューし、地方と地域の開発のための実践的な方法論を特定化し、最後に、「内部からの開発」を支援する新しいアプローチを探究する。そのハイライトは、問題解決のための社会的能力の強化を意味する「キャパシテーション」である。本書は、これまで、学生のためのテキスト、研究者のためのソースブック、特に第三世界の地域開発に従事する政府計画官や非政府職員のためのガイドラインとして使われてきたが、今後もそうあり続けるだろう。  著者は、日本における第三世界研究に関する先駆的プログラムである、名古屋大学大学院国際開発研究科の創設者達の1人であり、その教授陣の1人であった。
鶴見和子, 川田侃 『内発的発展論』361.5||Tu OPAC WebcatPlus
現在、国際開発においては参加型開発、持続型開発、開発のグローバル化の必要性が叫ばれており、また多くの開発プロジェクトにおいてこれらの考えが取り入れ始めている。本書はこれらの考え方の基になる開発の近代化方式を地球規模で進めることへの疑問として、地域という小さい単位から考え出そうとする内発的発展方式について論じている。構成は内発的発展論の理論編と実際編とからなり、10人の著者からの独立した9編の論文からなっている。そして内発的発展の理論と実際について、様々な角度から切り込み、この概念における問題の所在と核心を明らかにしている。
UNDP "Human development report"305.9||H OPAC WebcatPlus
This Report addresses, as its main issue, the question of how economic growth translates, or fails to translate, into human development. The focus is on people and on how development enlarges their choices. The Report elaborates the meaning and measurement of human development, proposing a new composite index mainly comprising GDP per capita, life expectancy, and school enrollment, now known as the human development index. The concept of human development and the human development index, after a series of improvements, have now been widely accepted in the area of international development. It should be noted that Dr. Mahbub ul Haq had played a major role in creating a new concept of human development and in producing the Reports between 1990 and 1994.
本報告書は、国連開発計画(UNDP)によって1990年に初めて発刊されたもので、「人間開発」という新たな概念が生まれるきっかけとなった。「人間開発」の概念は、社会の豊かさや進歩を測るのに際し、経済指標だけではなく、これまで数字として現れなかった側面も考慮しようとして生まれた。報告書では、ある国の開発の度合い測定する尺度として、一人当たりのGDP、平均寿命、就学率を基本要素として、これらを独自の数式に基づき「人間開発指標」として指数化した。「人間開発」という概念及び「人間開発指数」は、その後の改良を経て、今や国際的にも幅広く受け入れられ、国際開発分野において定着した概念であり、指数となっている。1990年から1994年までは、「人間開発」概念の生みの親といわれるマブーブル・ハク(Mahbub ul Haq)博士が報告書の作成に大きな役割を果たした。
UNDP "Human development report 1999 : Globalization with a human face" 305.9||H||1999 OPAC WebcatPlus
国連開発計画 『人間開発報告書 1999 : グローバリゼーションと人間開発』 305.9||H||1999 OPAC WebcatPlus
The Human Development Report 1999 under the theme ‘Globalization with a human face' points out that globalization can enhance social and economic benefits for many people; however, on the other hand, it will cause unbearable pain to the underprivileged groups of people in society. At any rate, globalization is causing big gaps or inequality in living standards, let alone is a potent force for causing social disharmony. Situated in this context, the report mentions two approaches: governance and free market, which could be used to build new framework to address inequities in distribution of goods, services and income per se. Cross-sectional data comparisons made between countries and between sectors, is a key feature of the report, which is quite useful to be used as an introductory textbook; however, a limitation of this report is that it is quite broad to capture specific issues deeply.
本書はグローバリゼーションがもたらした経済的、社会的恩恵のもとで、社会的弱者に対する問題また、恩恵を受けられなかった者との格差について問題視している。つまり公平性を問いただしているとも言える。グローバリゼーションをガバナンス、市場という二課題からとらえることで、これらの問題解決に新しい枠組みを構築することを提示している。本書は世界中の豊富なデーターを駆使し、幅広い分野からアプローチをしており一般書としては最適であるが、各国の政策を扱うだけに深みに欠ける点はしかたがないであろう。
World Bank "Assessing aid : what works, what doesn't, and why" W333.8||W OPAC WebcatPlus
世界銀行『有効な援助 : ファンジビリティと援助政策』 333.8||Se OPAC WebcatPlus
This article deals with a new type of aid system from the fungibility of finance aid point of view. This idea was based on the effectiveness of aid finance using the World Bank experience. From the observation in this study, depending on good policies and good institution this approach can be useful in rethinking of aid policy in relation between donor and recipient countries. The article highlights the importance of the combination of aid timing, finance and idea of the aid.
本書は従来の開発援助に対して単なる資金の移転の問題と捉えず、もっと流用的な援助を考えるべきであるとの観点から執筆されている。そして援助をより効果的にするために世銀で実施した最近の調査研究をまとめたものである。この中で援助のタイミングの必要性、資金とアイディアの組み合わせの必要性が見えてくる。被援助国政府とドナーに対する政策について新たな視点を述べており、援助政策を考える上で必要な考えを与えてくれる。
Education and Human Resource Development / 教育・人材開発  
Alice H. Amsden "The rise of "the rest" : challenges to the west from late-industrializing economies" 333.8||Am OPAC WebcatPlus
コメント / Comennt
準備中

Christopher Colclough "Educating all the children : strategies for primary schooling in the South" 376||C OPAC WebcatPlus

コメント / Comennt
準備中

江原裕美"開発と教育: 国際協力と子どもたちの未来" 370||E OPAC WebcatPlus

本書は、日本語で表された今日的な教育開発研究の体系的著作としてはおそらく最初のものである。発展途上国の教育開発について、世界銀行を中心とした国際機関の教育協力の変遷に焦点を当て、これらが行っている地域でも協力活動の政策内容や実情を分析することにより、「開発と教育」についての今後の研究を発展させることを目的としている。特に、これまでの「開発と教育」の関係を歴史的に回顧・展望しており、今後の教育開発研究における幾つかの方向性を導き出している。基本的用語の解説や関連文献リストを含んでいることから、教育開発研究の標準的な教科書の一つとして位置づけられる。

江原裕美『内発的発展と教育 : 人間主体の社会変革とNGOの地平』 370||E OPAC WebcatPlus

本書は、同じ編者による『開発と教育−国際協力と子供たちの未来』の姉妹編である。前著においては、世界の公教育システムに焦点を当てた教育普及を趨勢と、発展途上国で実施されている国際援助機関を介しての教育開発の現状と課題を分析したのに対し、本書では、よりミクロな観点から、各地域社会や住民に視点を定め、教育の受益者の立場から教育開発の実相に迫り、具体的に問題の所在や解決への糸口を探ろうとしている。特に、地域のNGOや民衆組織などによる教育開発の試みを踏まえ、それらを「内発的発展」を進めるための一つの可能性として位置づけているところに本書の特色がある。前著と合わせ、教育開発研究の必読書と言えよう。
Kazuo Koike and Takenori Inoki "Skill formation in Japan and Southeast Asia " 336.4||K OPAC WebcatPlus
小池和男, 猪木武徳 『人材形成の国際比較 : 東南アジアと日本』 336.47||Ko OPAC WebcatPlus
コメント / Comennt
準備中
Kevin Watkins "The Oxfam education report " 372||W OPAC WebcatPlus
Most of the reasons for the inadequate progress made in meeting the EFA goals during the 1990s were country-specific; however, one explanation stands out in virtually all countries, and this is inadequate public finance for basic education. While various studies have indicated the great need to increase the amount of development assistance to education sector, it is necessary to describe how donors have been responding to their needs. Published by the leading NGO in the field of international cooperation to education in developing countries, The Oxfam Education Report discusses the trend of development assistance to the education sector as a whole and to basic education specifically. This report presents various important recommendations to donors how they should improve their strategies to provide financial support to developing countries. It also emphasizes an importance of strengthening the partnership among various stakeholders, namely countries, agencies and civil society organizations.
黒田一雄, 横関祐見子 『国際教育開発論 : 理論と実践』 370||Ku OPAC WebcatPlus
コメント / Comennt
準備中
大塚啓二郎, 黒崎卓 『教育と経済発展 : 途上国における貧困削減に向けて』 370||O OPAC WebcatPlus
コメント / Comennt
準備中
Pauro Freire "Pedagogy of the oppressed" 371||F OPAC WebcatPlus
パウロ・フレイレ『被抑圧者の教育学』 371.1||F OPAC WebcatPlus
This is definitely one of the most important books ever written on education. Through his discussion, Freire claims that dialogue is the basis to change a current oppressed situation that alienates people from the mainstream of society. Here, we see an importance of his concept of conscientization, which help people develop their critical attitude towards such issues as who they are, how they can distinguish themselves from others, and what reality means for them. Such attitude should be formed through learning in everyday life and through dialogue with others. In this book, Freire emphasizes that education has significant power to liberate people from the traditional and dominant ideology. His philosophy has been received and enjoyed by a great number of people in different corners of the world and over different generations, and many of them have tried to apply his idea to their educational practices.
Ronald Dore "The diploma disease"377.5||D OPAC WebcatPlus
R.P.ドーア『学歴社会新しい文明病』 371.3||D OPAC WebcatPlus
This book was originally published in 1976, but the essence of its discussion still valid for situations in both developed and developing societies today. Dore analyzes that the inflation of academic qualification would be accelerated through the sorting process of education system, particularly in developing countries. This is still, or even more, true in many developing countries today. Through his analysis, Dore provides various implications to us how we should look at such issues as the balance between quality and quantity of education, and different roles between academic education and vocational training. This book encourages us to think further about an issue of promoting equity and/or equality in society.
寺尾明人, 永田佳之 『国際教育協力を志す人のために : 平和・共生の構築へ』 370||Ti OPAC WebcatPlus
コメント / Comennt
準備中

Theodore W. Schultz "The economic value of education"371.3||Sch OPAC WebcatPlus
セオドア・W.シュルツ『教育の経済価値』 371.3||S OPAC WebcatPlus

There is no doubt that education is affected by economic factors and conversely education gives impact on the changes in economic structure in modern society. The relationship between them is studied in economics of education. This book is a monument, which has directed the future course of development of this discipline. It presents a key concept, "human capital."
現代社会において教育が経済的要因に規定され、逆に教育が経済構造の変化に大きな影響を与えることについては疑問の余地がない。本書は両者の関係分析を研究対象とする教育経済学の発展の基本方向を指し示した記念碑的著作であり、キー概念である「人的資本」の考え方が提示されている。
UNESCO "EFA global monitoring report" 370.59||Un OPAC WebcatPlus
At the World Education Forum (Dakar, Senegal, April 2000), the international community reviewed the progress of “Education for All (EFA)” during the 1990s and identified that the lack of continuous monitoring has been a serious problem for developing countries as well as donors. In response, UNESCO has been commissioned to publish the annual EFA Global Monitoring Report since 2002. The main objective of this report is to collect adequate data to review the progress toward achieving the EFA goals by 2015. By collecting EFA data from countries, agencies and civil society organizations, the Report should help not only the international community close the data gap but also develop the capacities of developing countries to collect data, encourage donors to provide financial support to the necessary areas as identified in the Report, and raise political awareness on current problems in basic education. Since its publication, reactions to the Report have been both positive and negative, but even most critics support the continued publishing of an annual review of this sort. (It should be also noted that to some extent this report has been recognized as a succeeding report of the World Education Report which had been published by UNESOC until 2000.)
米村明夫 『世界の教育開発 : 教育発展の社会科学的研究』 372||Y OPAC WebcatPlus
本書は、教育開発研究への関心が高まりつつある中で、副題にも用いられている「教育発展」という言葉を提示し、発展途上国の教育が量的、機能的に発展していく過程と結果、またそうした過程が社会と関わりつつ進んでいくメカニズムを研究対象とした論文集である。また、「万人のための教育」といった国際的思潮を無批判に受け入れるのではなく、それ自体をも分析の対象とする姿勢をとっている。即ち、政策論に偏りがちな教育開発研究を社会科学的な研究対象として捉えようとする論文集であり、今後の教育開発研究における理論的な基盤を提供している。