Governance and Law / ガバナンスと法
Gvernance / ガバナンス

Adrian Leftwich "States of development : on the primacy of politics in development" 312||L OPAC WebcatPlus
Very good summary of the theoretical development of political science on the development of developing countries.
Hirotsune Kimura(Ed.) "Limits of good governance in developing countries" 312||Ki OPAC WebcatPlus
Jon Pierre and B. Guy Peters "Governance, politics and the state" 311||P OPAC WebcatPlus
Three basic books for understanding the concept of governance.
Larry Diamond "Developing democracy : toward consolidation" 312||D OPAC WebcatPlus

Standard book for understanding the real situation of democracy in developing countries, focusing upon the transition to consolidation of democracy.

Linda Weiss " The myth of the powerless state" 332||W OPAC WebcatPlus

Three basic books for considering the developmental state (government-business relationships and the society).

Mark Turner and David Hulme "Governance, administration and development : making the state work" 333||T OPAC WebcatPlus
Three basic books for understanding the concept of governance.
Meredith Woo-Cumings "The developmental state" 333||W OPAC WebcatPlus
Three basic books for considering the developmental state (government-business relationships and the society).
Merilee S. Grindle "Getting good government : capacity building in the public sectors of developing countries" 317.9||G OPAC WebcatPlus

Good book to understand three tiers system of capacity building of the government.

大坪滋 『グローバリゼーションと開発』 指定 ||333.8||O OPAC WebcatPlus

本書は、名古屋大学大学院国際開発研究科 国際開発・協力コース において開発研究・教育を展開する11名の教員による、当研究科初の学際的研究・教育成果の公表出版として、 研究科からの出版助成を受ける第 1 号としての任務を背負って出版されました。 また本書は、平成 18-20 年度の 3 年に渡る 科学研究費補助金 基盤研究 B( 一般 ) 『グローバリゼーション下の途上国開発戦略の統合研究:「国際開発経済学」の構築』 ( 課題番号 :18330060) (代表 : 大坪滋)による共同研究での研究成果を元に編纂されており、科研研究成果報告をそのまま商業出版で行う 名古屋大学第 1 号案件として、本学研究担当副総長の推薦のもと、学術振興会から特別の許可を頂いて出版されたものでもあります。 

経済学者の「国際開発経済学」分野を核に、国際政治学 国際経済法学 国際環境協力論 平和構築学 開発社会学 歴史・文化論 移民学の各分野の研究者の参加を得てグローバリゼーションの重要な諸相を洗い出し、その下での主要な開発課題をチームとして取り扱い、「グローバリゼーション」を題材に 幾度も互いの学問領域に踏み込みつつ各執筆者の課題設定・分析手法・政策提言について朝から晩まで議論を戦わせながら 国際開発における「政治」「経済」「文化」の整合的な提示 「 New Political Economy 」の提示に近づけることを目指したものです。 特に、「経済開発政策と開発マネジメント」「ガバナンスと法」「平和構築」「社会開発と文化」の各専門プログラムを当研究科における Major/Minor 専攻課題を考えている学生には必読書と言えます。

本書は 国際開発を志す学生や 既にこの分野で活動されている実務家向けに編纂されたテキストであるとともに 読者が興味を持った分野において読み進むべき代表的な著作を解説入りで紹介する「参考文献ガイド」や 関連インターネット・リソースの紹介を行う「インターネット・リソース・ボックス」を配し グローバリゼーション読本としての役割も強化しております。

平成21年2月

(GSID執筆者一同)

大坪 滋 (編者)

浅川 晃広 , 伊東 早苗 , 大橋 厚子

長田 博 , 川島 富士雄 , 木村 宏恒

新海 尚子 , 中西 久枝 , 藤川 清史

東村岳史(執筆協力)

 

Peter Evans "Embedded autonomy : states and industrial transformation" 007.3||Ev OPAC WebcatPlus
Three basic books for considering the developmental state (government-business relationships and the society).
R.A.W. Rhodes "Understanding governance : policy networks, governance, reflexivity and accountability" 312.33||R OPAC WebcatPlus
Three basic books for understanding the concept of governance.
山口定 『市民社会論 : 歴史的遺産と新展開』 311||Y OPAC WebcatPlus
国内外の市民社会論を総括し、今後の展望を模索した良書。

Governance and Law / ガバナンスと法
Law / 法

Abram Chayes, Antonia Handler Chayes "The new sovereignty : compliance with international regulatory agreements" 329.12||C OPAC WebcatPlus

Why do states comply with international agreements? The standard approach to this problem is to search for treaties with “teeth”---military or economic sanctions to deter and punish violation. The authors of this book argue that this approach is misconceived. Cases of coercive enforcement are rare, and sanctions are too costly and difficult to mobilize. As an alternative to this “enforcement” model, the authors propose a “managerial” model for ensuring treaty compliance. The strength of this book lies in the extraordinary wealth of empirical materials the authors have been able to organize and bring to bear on the issue of compliance in international society. According to comments by another renowned scholar of international relations, Oran Young, “[T]his is by far the most important contribution to our thinking about compliance at the international level to appear since the early 1980s.”

Bernard Hoekman, Aaditya Mattoo, and Philip English "Development, trade, and the WTO : a handbook" W678.03||H OPAC WebcatPlus

Extensive exploration of WTO related issues which are considered important from the viewpoint of developing countries, including WTO accession, dispute settlement procedures, market access, industrial policies, movement of natural persons, technology transfer, special and differential treatment and capacity building.

Christoph Antons "Law and development in East and Southeast Asia" 325.923||An OPAC WebcatPlus

This book examines the role of law and the rule of law in Asian Development States. Some chapters focus on how Japan and Singapore have been served as models for other Asian countries in terms of roles of law for industrial policies. In other chapters, development related business law in countries such as China and Malaysia as well as the way to resolve trade disputes in Asia are also examined.

David M. Trubek, Alvaro Santos "The new law and economic development : a critical appraisal" 333.6||T OPAC WebcatPlus

This book describes the history of “Law and Development” thoughts and an emerging paradigm in the third generation of Law and Development. Cores of examination are background and workings of the Rule of Law as a development strategy, especially in the World Bank, as well as whether it can be justified or not.

Katharina Pistor and Philip A. Wellons "The role of law and legal institutions in Asian economic development, 1960-1995" 322.92||P OPAC WebcatPlus

This book is a result of the study by the Asian Development Bank (ADB) on law and development in the Asian context. 6 countries: e.g., PRC, India , Japan , Korea , Malaysia and Taipei , China were selected for case studies on the relationship between law and economic development there. This provides good theoritical and practical analysis on the role of law and legal institutions for development in Asia .

川瀬剛志, 荒木一郎 『WTO紛争解決手続における履行制度』 678.3||Ka OPAC WebcatPlus
本書は WTO 紛争解決手続におけるパネル・上級委員会裁定が敗訴国によってどの程度履行されているかという観点から同紛争解決手続の実効性を検討する。具体的に、農業、産業政策、アンチダンピング、税制、貿易と環境といった分野における紛争でどの程度裁定が履行されており、そこにはいかなる要因が働いているかを分析する他、同手続の政治経済学的分析、履行確保のために必要となる対抗措置に関する経済学的分析も合わせて行っている。
大坪滋 『グローバリゼーションと開発』 指定 ||333.8||O OPAC WebcatPlus

本書は、名古屋大学大学院国際開発研究科 国際開発・協力コース において開発研究・教育を展開する11名の教員による、当研究科初の学際的研究・教育成果の公表出版として、 研究科からの出版助成を受ける第 1 号としての任務を背負って出版されました。 また本書は、平成 18-20 年度の 3 年に渡る 科学研究費補助金 基盤研究 B( 一般 ) 『グローバリゼーション下の途上国開発戦略の統合研究:「国際開発経済学」の構築』 ( 課題番号 :18330060) (代表 : 大坪滋)による共同研究での研究成果を元に編纂されており、科研研究成果報告をそのまま商業出版で行う 名古屋大学第 1 号案件として、本学研究担当副総長の推薦のもと、学術振興会から特別の許可を頂いて出版されたものでもあります。 

経済学者の「国際開発経済学」分野を核に、国際政治学 国際経済法学 国際環境協力論 平和構築学 開発社会学 歴史・文化論 移民学の各分野の研究者の参加を得てグローバリゼーションの重要な諸相を洗い出し、その下での主要な開発課題をチームとして取り扱い、「グローバリゼーション」を題材に 幾度も互いの学問領域に踏み込みつつ各執筆者の課題設定・分析手法・政策提言について朝から晩まで議論を戦わせながら 国際開発における「政治」「経済」「文化」の整合的な提示 「 New Political Economy 」の提示に近づけることを目指したものです。 特に、「経済開発政策と開発マネジメント」「ガバナンスと法」「平和構築」「社会開発と文化」の各専門プログラムを当研究科における Major/Minor 専攻課題を考えている学生には必読書と言えます。

本書は 国際開発を志す学生や 既にこの分野で活動されている実務家向けに編纂されたテキストであるとともに 読者が興味を持った分野において読み進むべき代表的な著作を解説入りで紹介する「参考文献ガイド」や 関連インターネット・リソースの紹介を行う「インターネット・リソース・ボックス」を配し グローバリゼーション読本としての役割も強化しております。

平成21年2月

(GSID執筆者一同)

大坪 滋 (編者)

浅川 晃広 , 伊東 早苗 , 大橋 厚子

長田 博 , 川島 富士雄 , 木村 宏恒

新海 尚子 , 中西 久枝 , 藤川 清史

東村岳史(執筆協力)

 

P.W. Birnie and A.E. Boyle "International law and the environment" 519.12||B OPAC WebcatPlus

The book written by two of the most respected academics in the field, provides an authoritative account of the main principles of international law concerning protection of the environment, along with more detailed and specific treatment of key issues such as climate change, biological diversity, transboundary air pollution, protection of the marine environment, and human rights. It presents a comprehensive yet balanced discussion of the subject matter of international environmental law, and may be used as a working manual for those interested in the interplay between environmental issues and the international legal system.

Mitsuo Matsushita, Thomas J. Schoenbaum and Petros C. Mavroidis "The World Trade Organization : law, practice, and policy" 678.3||M OPAC WebcatPlus

The latest textbook on the WTO law. It covers all of institutional, procedural and substantive aspects of the WTO law. It consists of chapters on dispute settlement procedures, fundamental principles such as most-favored nations and national treatment, trade remedies such as antidumping, countervailing duties and safeguard measures, and non-trade concerns such as trade and health and trade and environment.

Robert Jennings and Arthur Watts "(Peace) Oppenheim's International law" 329||Op OPAC WebcatPlus

国際法を勉強するものであれば、一度は手にする体系書である。国際法の研究は、ここから始まるといっても言い過ぎではない。ほとんどすべての論文に、「オッペンハイムによれば……」という引用が見つかるはず。

International law students would have a careful reading of this systematic book of international law, which is the most renowned textbook for the 20th century. A study of international law always begins with this book. Almost every peace of work in international law includes a phrase: “Oppenheim says …”

安田信之 『開発法学 : アジア・ポスト開発国家の法システム = Law and development : a study on legal systems of Asian post-developmental states』 322.92||Y OPAC WebcatPlus

「開発法学」を提唱する著者による長年の研究の集大成。開発法学の方法論について理論的な整理を行った後に、政治発展、経済発展及び社会発展のそれぞれにおける法の役割について論じ、さらに法制協力・法整備支援という実務的課題についても検討した好著。

Peacebuilding / 平和構築

Bruno Simma ... [et al.] "The Charter of the United Nations : a commentary"329.33||Si OPAC WebcatPlus

国連憲章のコメンタリーである。つまり、国連憲章の逐条解説が付されている。武力行使禁止を規定する 2 条 4 項を見てみれば、国家実行、判例及び学説に言及されつつ、条文の意味が与えられている。また、参考文献も充実している。ドイツの国際法学者を中心に執筆されている。偏りがなく、信頼することができるコメンタリーである。国連研究を行う上で、必ず参照すべき文献である。

This book is what is called a commentary of the Charter of the United Nations. It offers you explanation of each article of the UN Charter. When you look at Article 2, para.4, you can get explanatory note on drafting history, state practice, jurisprudence and writings relevant to the provision. This is written by many German international lawyers. It is a wonderful commentary of which position is neutral and fair. It is a must book for a research on the United Nations.

Commission on Human Security "Human security now"OPAC WebcatPlus
人間の安全保障委員会 『安全保障の今日的課題 : 人間の安全保障委員会報告書 』 319.8||N OPAC WebcatPlus

人間の安全保障に関し、日本政府が後援して作られた委員会の報告書。人間の安全保障については、ソフトなアプローチとハードなアプローチがある。開発援助を中心とする前者と、武力行使も含む強制を伴う後者である。本書は、前者のアプローチを採用している。後者のアプローチをとるものとしては、 International Commission on Intervention and State Sovereignty, The Responsibility to Protect , (Report of ICISS) and The Responsibility to Protect: Research, Bibiliography, Background , (Supplementary Volume to the Report of ICISS), International Development Research Center がある。両者とも、インターネットで、入手可能。前者は、 < http://www.humansecurity-chs.org/finalreport/j-index.html > 、後者は、 < http://www.iciss.ca/report-en.asp > 。

This is a report produced by the Commission on Human Security under auspice of the Japanese Government. There are two approaches to human security. One is soft approach with emphasis on development, while the other is hard one which admits coercive methods including use of force as a last resort. The former is adopted by this book. The latter was taken by International Commission on Intervention and State Sovereignty, which published The Responsibility to Protect , (Report of ICISS) and The Responsibility to Protect: Research, Bibiliography, Background , (Supplementary Volume to the Report of ICISS), International Development Research Center. Both reports are available through internet. The former is obtainable from:< http://www.humansecurity-chs.org/finalreport/index.html >, and the latter is obtainable from: < http://www.iciss.ca/report-en.asp >.

Donald Markwell "John Maynard Keynes and international relations : economic paths to war and peace" 331.74||M OPAC WebcatPlus

平和構築プログラムの副本として今後使いたいと考えている。内容的には、経済開発中心から社会・人間開発中心へと国際関係や途上国支援のあ りかたがシフトしてきたにもかかわらず、現代の戦争と平和という問題がい かに欧米のメガ資本主義的経済システムによって翻弄されているかという点 を示した好著である。国際開発、国際協力の両方の分野にまたがって必要な本であると考えられる。

This book is suitable for one of the reference books for Peacebuilding Program. The book explains how mega-capitalist market economy and the systems supported by it have manipulated the question of conflict, war and peace regardless of the fact that there was a paradigm shift in development studies from economic development center approach to social and human development one. This book can be benefited by those who are majored both in international development and cooperation fields.

John Norton Moore, Robert F. Turner "National security law" 393.2||M OPAC WebcatPlus

本書は、武力行使に関わるアメリカの教科書である。アメリカ流のケースブックであり、武力行使に関わる、条約規定、判例、そして学説がトピックごとに掲載されている。これ一冊あれば、武力行使に関する基本資料を入手することができる。

This is an American textbook on law the use of force in international and domestic law. It includes articles and provisions of treaties and national legislation, judicial decisions of international and domestic courts, and some parts of articles written by eminent lawyers. You can get basic materials concerning use of force in this book.

John Norton Moore, Guy B. Roberts, Robert F. Turner "National security law documents" 319.8||M OPAC WebcatPlus

本書は、武力行使に関わるアメリカの教科書である。アメリカ流のケースブックであり、武力行使に関わる、条約規定、判例、そして学説がトピックごとに掲載されている。これ一冊あれば、武力行使に関する基本資料を入手することができる。

This is an American textbook on law the use of force in international and domestic law. It includes articles and provisions of treaties and national legislation, judicial decisions of international and domestic courts, and some parts of articles written by eminent lawyers. You can get basic materials concerning use of force in this book.

N.D. White "Keeping the peace : the United Nations and the maintenance of international peace and security" OPAC WebcatPlus

平和維持に関する基本的な文献。国際平和の維持に関わる国連の機である安全保障理事会と総会の機能を概観した上で、平和維持活動に含まれる法的な問題及び政治的問題を詳述している。国連の集団安全保障全体をも視野に入れている好著。

This is a standard textbook on UN peacekeeping operations. After functions of the Security Council and the General Assembly are surveyed, legal and political issues involved in peacekeeping operations are discussed in depth. This book extends it's analysis to the whole range of the collective security system of the UN.
大坪滋 『グローバリゼーションと開発』 指定 ||333.8||O OPAC WebcatPlus

本書は、名古屋大学大学院国際開発研究科 国際開発・協力コース において開発研究・教育を展開する11名の教員による、当研究科初の学際的研究・教育成果の公表出版として、 研究科からの出版助成を受ける第 1 号としての任務を背負って出版されました。 また本書は、平成 18-20 年度の 3 年に渡る 科学研究費補助金 基盤研究 B( 一般 ) 『グローバリゼーション下の途上国開発戦略の統合研究:「国際開発経済学」の構築』 ( 課題番号 :18330060) (代表 : 大坪滋)による共同研究での研究成果を元に編纂されており、科研研究成果報告をそのまま商業出版で行う 名古屋大学第 1 号案件として、本学研究担当副総長の推薦のもと、学術振興会から特別の許可を頂いて出版されたものでもあります。 

経済学者の「国際開発経済学」分野を核に、国際政治学 国際経済法学 国際環境協力論 平和構築学 開発社会学 歴史・文化論 移民学の各分野の研究者の参加を得てグローバリゼーションの重要な諸相を洗い出し、その下での主要な開発課題をチームとして取り扱い、「グローバリゼーション」を題材に 幾度も互いの学問領域に踏み込みつつ各執筆者の課題設定・分析手法・政策提言について朝から晩まで議論を戦わせながら 国際開発における「政治」「経済」「文化」の整合的な提示 「 New Political Economy 」の提示に近づけることを目指したものです。 特に、「経済開発政策と開発マネジメント」「ガバナンスと法」「平和構築」「社会開発と文化」の各専門プログラムを当研究科における Major/Minor 専攻課題を考えている学生には必読書と言えます。

本書は 国際開発を志す学生や 既にこの分野で活動されている実務家向けに編纂されたテキストであるとともに 読者が興味を持った分野において読み進むべき代表的な著作を解説入りで紹介する「参考文献ガイド」や 関連インターネット・リソースの紹介を行う「インターネット・リソース・ボックス」を配し グローバリゼーション読本としての役割も強化しております。

平成21年2月

(GSID執筆者一同)

大坪 滋 (編者)

浅川 晃広 , 伊東 早苗 , 大橋 厚子

長田 博 , 川島 富士雄 , 木村 宏恒

新海 尚子 , 中西 久枝 , 藤川 清史

東村岳史(執筆協力)

 

Simon Chesterman "You, the people : the United Nations, transitional administration, and state-building" 319.9||C OPAC WebcatPlus

今日では、国家が住民を保護することができない、あるいは保護する意思を有していない場合がある。内戦を経て一応の平和を確立した国家においては、平和構築の課題を実行するために、まずは国家構築が必要とされる。その際、国連が、暫定統治を行う場合がある。本書は、そうした国家構築について国連の実行から分析した書物である。著者には、人道的干渉に関する名著 Just War and Just Peace, OUP もある。

One of the current crucial issues is around “failed states,” which is not able to, or willing to, protect populations. A state which experienced a civil war within its territory and in which peace is just attained has to exert efforts to rebuild a nation for the purpose of peacebuilding. In some cases, the United Nations is involved in transitional administration. This book analyzed such a UN practice of nation building. The same author writes “Just War or Just Peace” on humanitarian intervention, which was published from OUP.

Social Development and Culture / 社会開発と文化
Ester Boserup "Woman's role in economic development" 367.2||B OPAC WebcatPlus
Written in 1970, this book has become a classic for all development
economists and sociologists. It was the first enquiry ever into what
happened to women in the process of economic development in developing countries. The book draws attention to women’s contribution to productive work, and critiques the gender-biased allocation of resources due to underestimation of women’s role as producers. Reading this book is a must for all development professionals.
James C. Scott "Weapons of the weak : everyday forms of peasant resistance" 611.95||Sc OPAC WebcatPlus
This study of Malay society analyses the ways in which peasants refuse to subordinate to power. Its empirical and theoretical accounts of everyday forms of peasant resistance add significantly to the body of knowledge in the area of participatory development.

John Tomlinson "Cultural imperialism : a critical introduction" 361.5||T OPAC WebcatPlus
ジョン・トムリンソン 『文化帝国主義 』 361.5||To OPAC WebcatPlus

Most of human being in the 21st century can not live without influence from globalization. In your everyday life, it is omnipresent but does not take shape of visible or physical power. This book might provide you with some useful perspectives how to interpret social trends and phenomena under globalization with keywords, media, nationalism, capitalism and modernity.
梶田孝道, 丹野清人, 樋口直人 『顔の見えない定住化 : 日系ブラジル人と国家・市場・移民ネットワーク 』 334.41||Ka OPAC WebcatPlus
近年急増している日本へのニューカマー研究の中でトップの水準。単なる現象記述を脱却し構造的制度的要因から移住過程を追跡する本書は、他国・他地域の移民研究も視野に入れながら、日系ブラジル人たちが置かれている独自の文脈を説得力のある分析をもとに論じている。
Mike Douglass and Glenda S. Roberts "Japan and global migration : foreign workers and the advent of a multicultural society" 334.41||D OPAC WebcatPlus
Japan is going for multi-ethnic and multi-cultural society in terms of reality through migration. However, main stream society of Japan do not prepare for this changing. That creates diverse kinds of conflicts, debates and gaps in society. Each chapter taking specific issues and cases contributes to explain current changing of Japanese society caused by population movement.
小國和子 『村落開発支援は誰のためか : インドネシアの参加型開発協力に見る理論と実践』 611.15244||O OPAC WebcatPlus
青年海外協力隊員としてインドネシアの農村で開発支援に携わった著者が、その後人類学者としてフィールドに戻りプロジェクトの成否やアクター間の関係を描き出す。
開発人類学という領域や、理論と実践の両立というテーマに関心を持つ人にとって、示唆に富む内容となっている。
大坪滋 『グローバリゼーションと開発』 指定 ||333.8||O OPAC WebcatPlus

本書は、名古屋大学大学院国際開発研究科 国際開発・協力コース において開発研究・教育を展開する11名の教員による、当研究科初の学際的研究・教育成果の公表出版として、 研究科からの出版助成を受ける第 1 号としての任務を背負って出版されました。 また本書は、平成 18-20 年度の 3 年に渡る 科学研究費補助金 基盤研究 B( 一般 ) 『グローバリゼーション下の途上国開発戦略の統合研究:「国際開発経済学」の構築』 ( 課題番号 :18330060) (代表 : 大坪滋)による共同研究での研究成果を元に編纂されており、科研研究成果報告をそのまま商業出版で行う 名古屋大学第 1 号案件として、本学研究担当副総長の推薦のもと、学術振興会から特別の許可を頂いて出版されたものでもあります。 

経済学者の「国際開発経済学」分野を核に、国際政治学 国際経済法学 国際環境協力論 平和構築学 開発社会学 歴史・文化論 移民学の各分野の研究者の参加を得てグローバリゼーションの重要な諸相を洗い出し、その下での主要な開発課題をチームとして取り扱い、「グローバリゼーション」を題材に 幾度も互いの学問領域に踏み込みつつ各執筆者の課題設定・分析手法・政策提言について朝から晩まで議論を戦わせながら 国際開発における「政治」「経済」「文化」の整合的な提示 「 New Political Economy 」の提示に近づけることを目指したものです。 特に、「経済開発政策と開発マネジメント」「ガバナンスと法」「平和構築」「社会開発と文化」の各専門プログラムを当研究科における Major/Minor 専攻課題を考えている学生には必読書と言えます。

本書は 国際開発を志す学生や 既にこの分野で活動されている実務家向けに編纂されたテキストであるとともに 読者が興味を持った分野において読み進むべき代表的な著作を解説入りで紹介する「参考文献ガイド」や 関連インターネット・リソースの紹介を行う「インターネット・リソース・ボックス」を配し グローバリゼーション読本としての役割も強化しております。

平成21年2月

(GSID執筆者一同)

大坪 滋 (編者)

浅川 晃広 , 伊東 早苗 , 大橋 厚子

長田 博 , 川島 富士雄 , 木村 宏恒

新海 尚子 , 中西 久枝 , 藤川 清史

東村岳史(執筆協力)

 

Ralph David Grillo "Discourses of development : anthropological perspectives" 333.5||G OPAC WebcatPlus
This collection of papers provides an anthropological analysis of development, presenting new insights into the relationships between
different actors involved in development. Contributors include scholars from Britain, the United States, South Asia and Africa.
Robert Chambers "Ideas for development" 333||C OPAC WebcatPlus
R. Chambers, one of the major figures advocating “Participatory Development”, compiles his latest works for this book in which he discusses recent criticism and actual situation of “Participatory Development” Those who are going to learn “Participatory Development” comprehensively should not miss it.
佐藤寛 『開発援助の社会学』 333.8||Sa OPAC WebcatPlus
援助の基本的な枠組みと、プライマリ・ヘルス・ケア、森林保全、貧困削減などの具 体的な事例分析が組み合わされていて、開発を社会学的に見る方法がよくわかる本。平明な文章で初学者にも読みやすいのがうれしい。
佐藤寛 『参加型開発の再検討 』 I333.8||Sa OPAC WebcatPlus
参加型開発に関わる諸概念および近年の議論を4章にわたって丁寧に整理したのち、参加型開発の事例を3例掲載している。参加型開発を初めて学ぶ者に有益な教科書である。