言語情報処理入門 音声編 「音を録る・切る・見る」(その1) 成田克史



1.音声ファイルのダウンロード

1)Net Scape 起動
2)URL: www.gsid.nagoya-u.ac.jp/narita/phonetik/klavier.wav
3)キーボードの Enter キーを押す
4)○ ディスクに保存する の ○ をクリック
5)OK ボタンをクリック
6)保存する場所を適当に選び、保存ボタンをクリック
7)保存先を覚えておく!

klavier.wav のほかに次のファイルがある:
063250.wav, 063400.wav, floete.wav, geige.wav, 110.wav, 440.wav, schlagzeug.wav, geraeusch.wav, insekten.wav, wellen.wav, spa1.wav


2.音を聞いて、見る

1)スタート:すべてのプログラムメニュー:praat
(左に objects ウィンドウ、右に picture ウィンドウが表れる;操作は objects ウィンドウ側で行う)
2)Read メニュー:Read from file ...
3)上記、6)の保存先に移動し、音声ファイルを開く(objects ウィンドウに Sound ファイル名が表示される)
4)Sound ファイル名を選択し、Edit ボタンをクリック(編集画面が開く)
5)上半分に波形、下半分にスペクトログラムが表示される
6)Pitch, Intensity, Formant, Pulses メニューを開き、チェックを外す
7)編集画面右上の、画面の最大化ボタンをクリック
8)画面下の3本のバーの内、中段のバーをクリック(音が聞こえる)
9)上段は分割部分ごとの再生、下段は音声全体の再生に用いる

10)カーソルを編集画面の適当な位置に置き、マウスの左ボタンを押しながらドラッグする(範囲が選択される)
11)画面左下の sel (= select) ボタンをクリック(選択範囲にズームインする)
12)all で全画面に戻る、in でズームイン、out でズームアウトすることができる
13)操作を繰り返し、見やすい状態で波形を観察する(楽音は周期波、噪音は非周期波)

14)Spectrum メニュー:Spectrogram settings ...
15)Window length (s[econd]) を 0.05 に書き換える
16)OK ボタンをクリック
17)スペクトログラムを観察する(楽音では倍音が見られ、噪音では見られない)
18)適当な位置にカーソルを置いてクリック(位置が指定される)

19)Spectrum メニュー:View spectral slice(指定位置のスペクトルが表示される)
20)スペクトルを観察する
21)それぞれの山の頂にカーソルを合わせてクリック(上に周波数が表示される)


3.音を録る

1)プログラムメニュー:アクセサリー:エンターテイメント:サウンドレコーダー
編集メニュー:オーディオのプロパティ
2)録音欄の音量ボタンをクリック
3)マイク欄の □ 選択にチェックが入っていることを確認する
4)閉じる

5)New メニュー:Record mono Sound ...
6)Record ボタンをクリック(録音が始まる)
7)声の大きさ、マイクとの距離を調整し、Meter の音量表示がなるべく大きくなるようにする
8)Stop ボタンをクリック
9)Play ボタンで録音状態を確認する(変だったらやり直し)
10)よい音が取れたら適当に名前をつけて、Save to list: ボタンをクリック(objects ウィンドウに表示される)
11)上記2に従って、自分の声が楽音(噪音?)であることを確認する
12)Write メニュー: Write to WAV file ... でよい音を保存する


4.もっとよい音を録るには…