プリントPrinter friendly version

その他の情報

留学生ハンドブック
名古屋大学留学生センターは『留学生ハンドブック』を作成し、留学生活のための情報を提供しています。
詳細はこちら
留学生ハンドブック

渡日後すぐすべきことのチェックリスト

  • 宿舎の入居手続き
  • 外国人登録(区役所)
  • 国民健康保険加入(区役所)
  • 銀行口座開設
  • 所属研究科の入学手続き、授業料納付など
  • 留学生課によるオリエンテーション・・・4月/10月
  • 国際交流会館オリエンテーション・・・4月/10月
  • 所属研究科によるオリエンテーション

就職
課程修了後帰国せず、日本国内で就職を望む留学生は少なくありません。GSID留学生相談室は、留学生の就職活動に役に立つ就職ガイダンスを企画しています。
また、名古屋大学学生相談総合センター就職相談部門では、キャリアカウンセラーが就職に関する相談および情報提供を行っています。相談内容は、面接の仕方、エントリーの仕方、企業選択、就職活動の方策、就職不安などで、面接・試験に関する情報収集や模擬面接も行います。また、就職に関するセミナーも随時開催します。
詳細はこちら
その他の就職情報については外国人留学生のための就職情報をご参照ください。

帰国前にすべきことのチェックリスト
大学で

  • 所属研究科で定められた期日までに帰国手続きをする。
  • 履修した授業の記録、修了証明書、卒業証明書などをまとめる。
  • 指導教員に帰国日や帰国後の連絡先などを知らせる。
  • 所属研究科の留学生専門教育教員や相談室担当者に帰国日や帰国後の連絡先などを知らせる。
  • 生協組合証:生協組合員は組合証を返却して出資金の返却を受ける。
  • 同窓会の情報を得る。
宿舎で
  • 管理人に退去予定日を連絡し(民間宿舎は普通1ヶ月前、国際交流会館は2週間前までに)、退去の手続きをする。家賃・ガス・電気・水道料を精算する。
  • 自室をよく掃除し、ゴミは所定の日に所定の場所へ捨てる。特に粗大ゴミ、資源ゴミの始末をきちんと行う。
区役所で
  • 帰国する数日前に区役所で国民健康保険を解約し、保険証を返却し、保険料を清算する。
その他
  • 銀行および郵便預金口座は、振込みや支払い予定がない場合は通帳とカードを持って行き、窓口で解約の手続きをする。
  • 設置電話については契約している営業所に連絡して解約する。
  • 携帯電話を使用している場合は、契約解約のために必要書類の提出を要求される場合があるため、契約の際の書類に再度目を通し指示にしたがって解約をする。
  • 貸付金、借りた物品、図書館の本などは全部返却したかをもう一度チェックする。
  • お世話になった人への挨拶:ホームステイなどでお世話になった人たちに挨拶する。時間がなければ必ず電話連絡をする。
  • 外国人登録証:パスポートといっしょに保管しておいて、空港で出国手続きの際に返却する。