本文へジャンプ
名古屋大学 大学院国際開発研究科
トップページ総合案内専攻・教員・研究員教育研究社会貢献・国際協力学生生活入学案内情報資料室お問い合わせリンクサイトマップ著作権について研究科内向け情報
GSID開催行事 English
ナビゲーション トップページ >> 研究 >> GSID開催行事
Last Updated: , 広報委員会

2011年度の国際開発研究科でのシンポジウム・講演会・発表会など

セミナー:フィリピンの経済成長を阻害するガバナンス

日時:10月19日(金)18時~20時
場所:国際開発研究科8階・第1会議室 講師:Dr. Weena Gera氏(国連大学研究員、フィリピン大学セブ校助教授、2009年GSID博士)
言語:英語
問い合わせ先:木村宏恒 (kimura_3rdchapter@yahoo.co.jp) 名誉教授。ガバナンス研究グループ長


中日独占禁止法における違法カルテルの認定及び法的救済に関する比較研究

日時:6月18日(月)13時~14時15分
場所:国際開発研究科5階・第8演習室
講師:李毅氏(GSID外国人研究員、西南財経大学法学院副教授)
言語:日本語
問い合わせ先:川島富士雄 (fkawa@gsid.nagoya-u.ac)


Open Seminar on China-Africa Education Cooperation

Dr. Niu Changsong
GSID visiting scholar and Associate Professor, Institute of African Studies, Zhejiang Normal University, China
Date & Time: 17:00-18:30, March 27 (Tuesday), 2012
Venue: Meeting room #1 (GSID 8F)
Language: English


Dilemma in Afghan Exit Strategy: from the Perspective of Security Sector Reform

Date: 14:45 - 16:15 on 26 January (Thursday)
Venue: The 3rd Lecture room (Room 613), 6th floor, GSID
Speaker: Professor ISEZAKI Kenji, Tokyo University of Foreign Studies
Topic: Dilemma in Afghan Exit Strategy: from the Perspective of Security Sector Reform
Language: English


最終講義のお知らせ

2012年3月31日限りで定年退職される 長田 博 教授、木村 宏恒 教授、二村 久則 教授 の最終講義を実施いたします。
詳細はこちら [PDF]

国際開発専攻 長田 博 教授
日時:2月10日(金)10時30分 ~

国際協力専攻 木村 宏恒 教授
日時:2月10日(金)13時 ~

国際コミュニケーション専攻 二村 久則 教授
日時:2月17日(金)10時30分 ~

いずれも会場は、国際開発研究科 8階 多目的オーディトリアム です。


セミナー 元多治見市長、自治体の行政改革を語る

講師は西寺雅也元多治見市長(1995−2005年)。現在山梨学院大学教授。今年度国内研究員
市長時代の西寺氏の行政改革は、岐阜県多治見市を全国地方自治体行政改革のひとつのモデルにした。
日時:11月10日(木曜)16:30-18:00++
場所:国際開発研究科8階オーディトーリアム
使用言語:日本語(英語通訳付き)


オープンセミナー「Transnational Civil Society vs. Global Educational Culture: Children's Rights in Historical Perspective」

日時: 2011年11月10日(木)18:00-19:30
場所: 国際開発研究科8階 第1会議室
講師: Dr. Eckhardt Fuchs(Deputy Director, Georg Eckert Institute for International Textbook Research, Germany)
ポスター


国際開発学会第22回全国大会および国際シンポジウム

当研究科20周年記念行事として、国際開発学会第22回全国大会を開催します。
また、当研究科も共催で国際シンポジウムを開催します。
国際シンポジウムパンフレット


わが国のODA政策

Date: 13:00 - 14:30, Monday, 24 October.
Venue: The 3rd lecture room in GSID.
Speaker: Mr. SUZUKI Kazuhiro, MOFA Japan.
Topic: Japan's ODA Policy
Language: English

Everybody is welcome.


『開発のためのアジア学術ネットワーク』を活用した若手研究者育成:制度開発への貢献

日本学術振興会・若手研究者交流事業「『開発のためのアジア学術ネットワーク』を活用した若手研究者育成:制度開発への貢献」 (Fostering Research Capabilities of Young Researchers through "the Academic Network for Development in Asia" :For Institutional Development)を実施します。

期間:10月2日-10月22日

ワークショップ:10月12日午後2時45分からGSID8階第1会議室

プログラム参加者によるプレゼンテーションシリーズ:予定表


公開セミナー「ボローニャ・プロセスが高等教育の質に及ぼす影響とは?」

どなたでも大歓迎です。学部生も気軽にお越し下さい。

ボローニャ・プロセスが高等教育の質に及ぼす影響とは?

Dr. Don F. Westerheijden
トゥウェンテ大学高等教育政策研究センター上級講師
広島大学高等教育研究開発センター上客員研究員>
日時:10月7日(月)12時―13時
場所:名古屋大学 国際開発研究科棟 8F 第一会議室
使用言語:英語

Based on the Independent Assessment of the Bologna process in
2009-2010, I will give an overview of how the Bologna Process has
affected educational structures in the more than 45 participating
countries. Furthermore, it will be investigated if these structural
changes, supported by additional
instruments of internationalisation used in the Bologna Process, may
have affected students and their learning experiences.
Summarising the project findings, it will appear that new frameworks
and policies have created opportunities for changes and improvements
of learning, but that in-depth utilisation of opportunities at the
work floor level has not been achieved at a large scale until now.
National higher education policy implementation may have contributed
to the lack of utilisation in the institutions.


名古屋国際法研究会

名古屋国際法研究会
発表者:浅田正彦(京都大学大学院法学研究科教授)国際開発研究科国内研究員
テーマ:「非国家主体と自衛権-行為帰属論を中心に-」
日 時:9月30日(金)午後1時半から
場 所:国際開発研究科8階オーディトーリアム


Participatory Approaches to Education: International Perspectives

*** Everyone is welcome !! ****

Dr Tristan McCowan
Senior Lecturer in Education and International Development
Institute of Education, University of London
http://www.ioe.ac.uk/staff/52546.html
Date: 11:00-12:30, Monday, 3rd October 2011
Venue: Room 607, GSID Building, Nagoya University
Language: English
After the seminar, free discussion with students are arranged. You can also get general information on IOE from Mr. Mike Winter.

'Participation' has become one of the key pillars of international development work in recent decades. While spawning a variety of approaches such as Participatory Rural Appraisal (PRA) and being adopted (in rhetoric at least) by most development agencies, the notion has been subject to sustained critique. In education too, participation has taken on a central role, on account of the perceivedeffectiveness of constructivist pedagogy, as well as the appeal of more radical approaches such as that of Paulo Freire. However, learner-centred approaches are often perceived as a Western imposition and inappropriate for many cultural contexts. This lecture explores the role of participation in education around the world, focusing on the key question of whether it may in fact represent a 'new tyranny' for low- and middle-income countries.


研究報告会

日本語ドイツ語タンデム教育-実践報告-
山中信之氏(ドイツ・エアランゲン大学日本学科講師・国際開発研究科外国人研究員) 【時】9月27日(火)16時30分から18時まで
【所】 国際開発研究科6階 第1講義室


公開セミナー「日本の留学生政策:その効果と課題」

平成23年7月8日 (金)12:00-13:00
場所:名古屋大学大学院国際開発研究科8F 第1会議室
(一般公開)
講師:佐藤由利子 東京工業大学留学生センター准教授

※講演は英語で行われますが、質疑応答は日本語でも歓迎いたします。

佐藤由利子先生は、国際協力機構(JICA)でご活躍のあと、東京工業大学で教鞭を執られており、2010年に『日本の留学生政策の評価―人材養成、友好促進、経済効果の視点から』東信堂を出版されています。佐藤先生は、国際的な学生交流の分野において研究・実践の双方で指導的な役割を果たされていらっしゃいます。


被災地における子どもへの心理社会的ケア -東日本大震災後の心理社会的ケアプログラムについて-

講師:本田涼子(ほんだりょうこ、米国心理学修士心理士)
   IFF/CIAP 心理相談室 家族への心理セラピー、子育てについての心理教育プログラム実施
   元国立成育医療センター、心の診療部心理士
   元国連児童基金(ユニセフ) ガーナ・ユニセフ事務所プログラムオフィサー

 現在、日本プレイセラピー協会の役員として、日本ユニセフ協会と共に被災地(岩手県・宮城県)や福島県からの避難地域において、特に乳幼児や園児に対する心理的サポートの支援を行なっておられるセラピストの本田涼子さんを講師にお迎えし、被災地における心理社会的ケアについてお話頂きます。
 講演は主に英語で行われますが、日本語でご質問頂いてもかまいません。皆さんのご参加をお待ちしております。

[ポスター]


被災地ボランティア活動報告セミナー「東日本大震災から3カ月~今、必要なこと、できること~」

日時: 平成23年6月10日(金) 18:00-20:00
場所: 名古屋大学国際開発研究科8F 第1会議室
(一般公開、使用言語:日本語)

1.「私たちにできること ~「40人まとめて1日ボランティア」に参加して~」
   桐田奈々 名古屋大学大学院国際開発研究科 DID M1学生
   北見静英奈 名古屋大学大学院国際開発研究科 DID M1学生

2.「被災地の災害廃棄物処理に関する報告」
   岡山朋子 名古屋大学大学院エコトピア科学研究所 特任講師

3.「避難所の状況と保健活動~津波で行政機能が被災した町の復旧・復興への課題」
   岡田亜弥 名古屋大学大学院国際開発研究科 教授

4.「被災地における心のケアチームの活動」
   西尾彰泰 名古屋大学国際開発研究科 DICOS D1学生/精神科医師

連絡先・問い合わせ: 岡田研究室(内線4960;aokada@gsid.nagoya-u.ac.jp)


A UN Career Seminar by Ms. Chikako Takase

Date and Time: May 27, 2011 (Friday) 13:30-15:00

Venue: 1st Conference Room (8th Floor of GSID Building)

Guest Speaker: Ms. Chikako Takase, Acting Director, the United Nations Centre for Regional Development (UNCRD)/Former Chief, Policy Coordination Section, Policy Coordination Branch, Office for ECOSOC Support and Coordination, Department of Economic and Social Affairs, the United Nations

Title: "My Career at the United Nations: CSD, ECOSOC and UNCRD"

Moderator: Prof. Aya Okada

The seminar will be held in English.


国際セミナー「日本語とフランス語―対照言語学的アプローチ」

日時:2011年5月14-15日
場所:名古屋大学国際開発研究科第1会議室(8F)
[ポスター]  [プログラム]



過去掲載分


Copyright(c)Graduate School of International Development,Nagoya University.All Rights Reserved.