本文へジャンプ
名古屋大学 大学院国際開発研究科
トップページ総合案内専攻・教員・研究員教育研究社会貢献・国際協力学生生活入学案内図書室お問い合わせリンクサイトマップ著作権について研究科内向け情報
在校生・修了生の声 - 国際開発専攻 English
ナビゲーション トップページ >> 学生生活 >> 在校生・修了生の声 >> 国際開発専攻
Last Updated: , 広報委員会

・国際開発専攻 ・国際協力専攻国際コミュニケーション専攻


在校生の声

伊藤航平  国際開発専攻(DID)博士前期課程

 私は今、農村・地域開発マネジメントプログラムに所属しています。元々経済学部で国際開発について学んでいましたが、地域の発展を考える際には一つのアプローチではなく、多角的な視点が必要であると考えたため、GSIDに入学しました。
GSIDの魅力の一つは、言うまでもなく、その国際性です。昨今、巷では「グローバル」という言葉が盛んに囁かれていますが、日本において、実際にグローバルな環境を実感している人は少ないのではないでしょうか。しかし、ここGSIDはまさに「グローバル」という言葉を実感できる場所です。これほどまでに世界は1つであるということを感じつつ、様々な国籍の留学生と同じ時間を共有できる空間は、他にはないと思います。また、GSIDの中では基本的に英語が使用されるため、入学当初、海外留学経験のない私は不甲斐ない思いばかりをしていました。そんな私の拙い言葉を、一つ一つ理解しようとしてくれる留学生たちの姿勢から、積極的に取り組んでいくことの重要性を学びました。
もう一つの魅力は、熱心な教授陣です。多くの先生が、自らの研究とともに、学生とのコミュニケーションを大切にされていると感じます。私自身も、ゼミや国内実地研修では、厳しくも的確な指導によって、研究という名の暗闇を進む自分の目の前に明かりを照らしていただいてきました。自分の甘さや誤解を実感することも多いですが、一方でふと立ち止まって振り返ってみると、その都度過去と比べて成長している自分に気付きます。こうして、改めて前を向いて、着実に進んでいこうという気持ちで自分を鍛えていくことができます。 入学してから早1年が経ちますが、この刺激的な環境のおかげで、非常に充実した毎日を送っています。加えて、自ら行動することと、自ら考え抜くことの両方を高いレベルで求められるGSIDの環境は、自分を成長させてくれる最高のフィールドだと日々感じています。


Runsinarith PHIM  国際開発専攻(DID)博士後期課程修了

It was my privilege to be awarded the Japanese government "Monbugakusho" scholarship twice and thanks to that I was able to complete both my undergraduate and postgraduate study in Japan. Looking back, the three years of my academic journey towards my PhD at GSID have been sometimes tough but very rewarding in terms of helping me to become a professional. GSID is an incredible place where I and other students enjoyed opportunities to conduct research that we are excited about. My academic life was not always easy but I always received enlightenment and encouragement in such difficult times from academic advisors, professors and friends. GSID had a profound impact on me. I gained a certain sense of independence and thoroughly expanded my knowledge and perspective. GSID was incredibly valuable because it was where I could learn to see economic development from a different perspective and it is where I could discover a better understanding on contemporary social and economic structures as well as quantitative analytical tools, which became indispensable in my professional life. Just as importantly, I met so many brilliant mind professors and friends who challenged me to view the world through a different lens from a different perspective.


過去に掲載された在校生・修了生の声

 

Copyright(c)Graduate School of International Development,Nagoya University.All Rights Reserved.