本文へジャンプ
名古屋大学 大学院国際開発研究科
トップページ総合案内専攻・教員・研究員教育研究社会貢献・国際協力学生生活入学案内情報資料室お問い合わせリンクサイトマップ著作権について研究科内向け情報
在校生・修了生の声 - 国際協力専攻 English
ナビゲーション トップページ >> 学生生活 >> 在校生・修了生の声 >> 国際協力専攻
Last Updated: , 広報委員会

国際開発専攻 ・国際協力専攻 ・国際コミュニケーション専攻


在学生・修了生の声

HOMAAM, Khalilullah  国際協力専攻(DICOS)博士前期課程

My undergraduate degree in management sciences had made me a "one-dimensional man" who saw every problem from the lens of that single discipline. But after joining GSID I realized the importance of multidimensionality in tackling real world problems. I believe one-dimensional disciplines have created most of today's issues, and we need to step up to multidimensional disciplines in order to solve our current problems.
GSID is an interdisciplinary school, which truly empower students to explore various aspects of both development theories and practices. During my first year at GSID I attended lots of interesting subjects in various indispensible fields like governance and law, social development, rural and regional development and peace building. GSID offers more than a dozen of diverse range of programs, which makes the school a perfect place for knowledge adventure. Moreover I also found GSID a perfect place for nurturing independent thinking and finding pragmatic solutions to our own curiosities.
It is not only academia that makes GSID a remarkable place; it is also a strong and diverse community. At this single building east meet west and together mingle with other rare corners of our vast global village. Student lounges are the perfect spots for understanding various cultures, traditions and personal experiences through very friendly chitchats.
Lastly living in information age also requires us to process gigantic bits of data for finding specific useful information especially when we are bombarded with junk information from everywhere. I am happy that finding exact information is quite easy through GSID's online and offline professional libraries. If I may describe the whole experience in three words I would only say: GSID is Awesome!


田中大毅  国際協力専攻(DICOS)博士後期課程修了

 GSIDは、実践重視の教育方針が個々の学生にしっかりと根付いています。OFW/DFWはよく知られていますが、他にもインターンシップ協定の締結先機関であるUNESCOやIOMへの派遣、大学の世界展開力強化事業、青年海外協力隊等、様々な海外派遣制度を活用し、多くの学生が開発の現場に出向いています。私自身、JICAバングラデシュ事務所の現地調査にインターンとして携わりました。研究課題である途上国の中小企業金融の現状について、現地金融機関やJICA民間セクター担当職員の方々へ聞き取り調査を実施し、実務者の視点を積極的に研究に盛り込んできました。自らの意思で途上国に出向き、自力で聞き取った現地の声を研究理論に落とし込む。挑戦的な取り組みであり、強い信念が求められますが、それだけにやりがいもあります。こうした経験を積極的に獲得しようとする姿勢は、20余年の歴史を経てGSIDの学生風土として広く浸透しています。  アウトプット重視の授業スタイルも大きな魅力です。私の所属していたゼミでは毎回、ゼミ生が特定の問題を取り上げ、これをたたき台に自由闊達に議論します。各学生と向き合う形の会議用テーブルで、アジア、アフリカ、中南米等の留学生と共に様々な開発課題を議論する様は、まるで小さな国連安保理です。強烈な存在感を放つ留学生達の中で、いかにして「自分」を出せるか、試行錯誤の連続でしたが、刺激的なそのゼミを一方では楽しみ、彼らから多くを学びました。その他の授業も、レポートやプレゼンで自ら課題を設定し、自らの考えを盛り込み答えを見出すというスタイルが多く、勉学に対する主体的な取り組みが求められます。  縮小する日本。多極化する世界。その中で日本が、そして私達一人ひとりが生き残るためには、外に目を向けることが不可欠だと思います。GSIDはグローバル社会の縮図です。世界から集まる留学生と切磋琢磨し、多くを学んでください。


中沢彩乃  国際協力専攻(DICOS)博士前期課程修了

 私は様々な立場から国際協力を経験したいという目標の元、国際移住機関(IOM)のインドオフィスにてインターンシップをする機会を頂きました。 国際機関からの現場の見え方やプロジェクトの動かし方を学ぼうと思った矢先、今まで動いていたプロジェクトの中断や、州政府とのワークショップがキャンセルになる事態が続きました。国際機関というとその規模や知名度からどの国でも円滑に仕事が動くと思われますが実は当該国の政府や省庁との連携が非常に重要です。インドオフィスはその点で非常に苦労しており国際機関ならではの悩みを目の当たりにしました。とはいえインド国内での人身売買が引き起こす移民に関する情報収集、データ作成、ドナーマッピング、ワークショップへの参加等多くの経験もでき視野が広がりました。 日々、インド人スタッフと議論をしながらのインターンシップは非常に有意義で今後の私自身の国際協力への携わり方を明確にできた濃い9か月間であったことは間違いありません。
I think that it is very important to see things from many points of view, so I was very interested in being an intern to see the field of international development from inside an international organization.
It was a very interesting and thought-provoking internship for me. While I was there, the India office faced hard times because some projects were stopped and a scheduled workshop which was organized by the International Organization for Migration (IOM) got cancelled. It might seem like it is easy for international organization to smoothly launch new projects because of their size and high recognition. However, having good relationships with government and ministries is their lifeline, and the India office had difficulty with that.
In addition, I could have very precious and meaningful experiences which I could not have had if I was not an intern. The experience broadened my perspectives about international cooperation and made my career goals clear. I would like to thank all of the staff in the IOM India office for giving me such a wonderful opportunity.




過去に掲載された在校生・修了生の声


Copyright(c)Graduate School of International Development,Nagoya University.All Rights Reserved.