本文へジャンプ
名古屋大学 大学院国際開発研究科
トップページ総合案内専攻・教員・研究員教育研究社会貢献・国際協力学生生活入学案内情報資料室お問い合わせリンクサイトマップ著作権について研究科内向け情報
在校生・修了生の声 - 国際協力専攻 English
ナビゲーション トップページ >> 学生生活 >> 在校生・修了生の声 >> 国際協力専攻
Last Updated: , 広報委員会

国際開発専攻 ・国際協力専攻 ・国際コミュニケーション専攻


在学生・修了生の声

水谷元海 国際協力専攻(DICOS)博士前期課程2年

 私は現在、平和構築を専攻しており、戦争や貧困問題に対して国際法がどのように機能しているのかという点に関心を持って研究をしています。GSIDに入学したのは、現実世界の実情に照らして様々な側面から学べると思ったからです。昔から疑問に思っていた「なぜ戦争はなくならないのか?」という問いの答えを探すことが出来るかもしれないと思いました。実際には日々わからないことが増える一方ですが、無知を自覚できただけでも幸いと考えGSIDで学べることに感謝している日々です
 GSIDに在籍して約1年ですが、その間に感じたGSIDの魅力は、指導教員を始め個性的で指導熱心な教授が数多くいることです。入学前は大学院に対して殺伐としたイメージを抱いていたのですが、入学と同時にそれは払拭されました。ただし、授業はディスカッションの機会が多くあり、各国の優秀な学生と英語で意見を交換するため、積極的な姿勢で臨まないと議論に参加することさえ出来ません。ここで味わった不甲斐無さのおかげで向学心が刺激されました。この環境もGSIDの大きな魅力の一つだと思います。また、海外実地研修ではリーダーを務めさせて頂き、仲間と四苦八苦しながら研究を行った経験は得難いものでした。GSIDには挑戦する機会が溢れ、机に向かっているだけでは決して得る事の出来ない学びの機会も豊富にあります。


MORA VERA German Andres 国際協力専攻(DICOS)博士後期課程1年

 I will describe the GSID as the place where the world gathers and interacts each day. To meet different people from many countries it is really a chance to learn more about history, languages, cultures, politics, and economy. I could not believe how much I was going to discover when I entered this faculty. To interrelate with varied nationalities expanded my knowledge in unimaginable ways. To study and develop research activities in an English speaking environment is one of the biggest opportunities this faculty can give to anyone who decides to join. The opportunities a person can find here are enormous and really have an impact in the future life of the students. The knowledge is constantly expanded thanks to the lectures and seminars given by the professors with diverse experiences. For these reasons, the GSID is where your skills are improved as well as your possibilities in the future.


伊藤 愛 国際協力専攻(DICOS) 博士前期課程修了

私が2年間を通し感じたGSIDの魅力を二つ挙げたいと思う。
 まずは、国際機関でのインターンシップというような、通常では得難いチャンスが、広がっていることだ。その他にも、海外での調査に専門家とともに参加したり、留学や海外の学会で発表する機会を得た友人も多い。私自身は、学部時代から移民問題に関心があったことから、国際移住機関(IOM)マレーシアオフィスでインターン生として3ヶ月間滞在した。そして、実際に人身売買被害者や難民のシェルターを訪問しインタビューを行ったり、プロジェクトマネジメントに携わり翌年のプロジェクトの考案を行ったり、現地NGOとのワークショップに参加することができた。さらに、途上国の現状を目の当たりにすると同時に、国際機関の役割や、国際機関で働くということの現実などを知り、今後の自身の役割やキャリアについて深く考えさせるきっかけともなった。
 またGSIDは留学生が半数を占め、現場経験のある教授陣だけでなく、政府機関や青年海外協力隊での経験がある学生など多様なバックグラウンドと経験を持つ人材が多い。そのような仲間と授業やグループワークを通し、同じ学生という立場で意見交換をし、考え、学ぶことができること、そして友情を築けたことは、非常に貴重な経験であり、確実に私の視野を広げ、多様な選択肢や価値観を与えてくれるものとなった。私自身は、一般企業で働きだすが、GSIDを通し得た経験や人間関係はどの分野にいっても、自身の糧となり、人生の転換点において重要な示唆を与えてくれると確信している。
 GSIDは、自身が求めて追及していけばいくらでもチャンスが広がっている環境であるように思う。また、GSIDは日本の教育機関に比べれば、異質な環境かもしれないが、世界の教育機関では、留学生を含めた多様な価値観を持つ人々が自由に意見交換をし、ともに学ぶことは当たり前なのかもしれない。こうした環境で学び、今後、世界中のあらゆるフィールドで活躍していく仲間を持てたことを誇りに感じるとともに、私自身もこの2年間で得たものを糧に、世界に羽ばたき、途上国の発展と人々の幸せに貢献できるような人材に成長していきたい。


Donna Ballesteros 国際協力専攻(DICOS) 博士前期課程修了

I earned my Masters in International Cooperation Studies Major in Peacebuilding at GSID. After two full years, I can say that there is no better institution to study International Cooperation than in an environment as cosmopolitan as GSID. In a mix of students from different cultural and academic background, I was able to question my own assumptions, discover differences and similarities in light of the experiences and ideas shared by my professors and fellow students. The varied specializations of GSID faculty also made it a venue where lively academic debates are weighed and complement one another to enrich theories in International Development.
And yet GSID is not confined in its own sphere. It invites other lecturers - academic and practitioners alike-to share their knowledge and experiences to future development practitioners like us. Moreover, it pushes us to experience more through Overseas and Domestic Fieldwork. Balancing the rigor of academic life is a culture to be explored in Nagoya and beyond it, and friendships to build and nurture from here on.
It may have been an uncertain time studying in Japan in its immediate post-disaster stage; yet it opened up opportunities as well to discuss new issues in development cooperation and to study not just its past development experience, but to witness a process of development itself as it struggles to get back on its feet.


Xiaoming Pan 国際協力専攻(DICOS) 博士後期課程修了

GSID was the starting point of my academic studies. I greatly benefited from its open environment where students from Asia and other parts of the world discuss, share and grow. GSID offers a melting pot of ideas and stimulatesnovel ways of thinking. Instead of only pursuing knowledge, students are encouraged to understand the real picture of development by their activities. Field work is highly recommended at GSID. Having the useful advice of professors, most of who have experience in developing countries, students can get a real appreciation for developing societies.The knowledge and practice are combined together for applying in the real world.
During my study at GSID, I completed research on international economic law. Nurtured by the academic environment where multidisciplinary study is promoted, I sought to pay attention to developing country issues in an international economic dynamics context. My understanding of the complicated international society through multiple perspectives made me fit in to my current working place easily.
Although being away from GSID, it holds a special place in my heart with many sweet memories. I hope GSID will be a runway for students to take off.




過去に掲載された在校生・修了生の声


Copyright(c)Graduate School of International Development,Nagoya University.All Rights Reserved.