本文へジャンプ
名古屋大学 大学院国際開発研究科
トップページ総合案内専攻・教員・研究員教育研究社会貢献・国際協力学生生活入学案内情報資料室お問い合わせリンクサイトマップ著作権について研究科内向け情報
在校生・修了生の声 - 国際協力専攻
ナビゲーション トップページ >> 学生生活 >> 在校生・修了生の声 >> 国際協力専攻
Last Updated: , 広報委員会

国際開発専攻 ・国際協力専攻 ・国際コミュニケーション専攻


 
修了生の声
Asif Agah  国際協力専攻(DICOS)博士前期課程修了

In September 2012, when arriving in Japan for the first time to pursue my master's degree at GSID/Nagoya University, I was overwhelmed by the huge development gap between my country and Japan. Comparing the highly-developed infrastructure and effective and efficient systems in Japan with those of my own country, I came to realize not only how extremely left behind my country is, but also pondered the fundamental question of how the development gap initially appears between countries in the first place. In the very early days of my stay in Japan, I had no clear answer to the question, as I had no deep basis for comprehension of development and underdevelopment nor an idea why some nations succeed in their effort toward development while other fail. However, studying at GSID and earning my master's degree was an extraordinary opportunity for me to gain the academic knowledge and analytical skills to understand how a nation initially develops or remains underdeveloped. GSID is one of best academic institutions, where students are provided with an opportunity to get familiarity with different perspectives about development studies, one of today's world's most crucial issues. For me, GSID not only marks the beginning of my real academic life, but also has opened a new horizon through which I can realize the development challenges of my own country.


 
在校生の声
小池 千晶  国際協力専攻(DICOS)博士前期課程

小規模のクラスで行われるGSIDの授業では、ディスカッションやプレゼンを通して教員や学生が意見を交わす機会が多くあります。はじめのうちは、会議室のような円形のテーブルの配置にも戸惑いましたが、講義内で活発に発言する授業スタイルに次第に慣れてきました。また通常の授業以外にも海外実地研修や、インターンシップ、他研究科の学生とともに学ぶ5年一貫のプログラムへの参加など、様々な学びの場が用意されています。多くの学生がそのチャンスを生かして、色々なことにチャレンジしています。
私もGSIDで学び始めて1年、多くの貴重な経験をしてきました。例えば、女性グローバルリーダーの育成を目指すリーディングプログラムでは、医療や教育、開発などの分野で世界を舞台に活躍する女性リーダーの方々から各分野の課題解決にむけた活動について講義をうけ、自分の専門領域以外の見識を深める他、将来のキャリア形成に必要なスキルや知識を学んでいます。国連主催のシンポジウムでは、大学や企業の役員レベルの方々と今後の女性活躍推進のための方策について議論する機会にも恵まれました。
海外実地研修では、グループごとにテーマに沿った調査内容を考え、研究計画や先行研究のまとめ方など現地調査にむけた事前準備の方法を学ぶとともに、実際に現地を訪れインタビューを行い、その結果を集約し発表するといった、今後の研究生活に必要な実践的なスキルを身につけることができました。現地の学生や教員、地元のガイドからの協力を得ながら、多様な文化や価値観をもつメンバーと共に一つの研究を行うことも非常に学びの多い経験でした。
このように多文化で多彩なカリキュラムが用意された恵まれた環境で日々充実した学生生活を送っています。これからGSIDに入学されるみなさんも、自分自身の目標にむかって積極的に学びのチャンスを掴んで成長していってほしいと思います。





過去に掲載された在校生・修了生の声


Copyright(c)Graduate School of International Development,Nagoya University.All Rights Reserved.