本文へジャンプ
名古屋大学 大学院国際開発研究科
トップページ総合案内専攻・教員・研究員教育研究社会貢献・国際協力学生生活入学案内情報資料室お問い合わせリンクサイトマップ著作権について研究科内向け情報
在校生・修了生の声 - 国際コミュニケーション専攻 English
ナビゲーション トップページ >> 学生生活 >> 在校生・修了生の声 >> 国際コミュニケーション専攻
Last Updated: , 広報委員会

国際開発専攻国際協力専攻 ・国際コミュニケーション専攻

修了生の声
茂木 美穂  国際コミュニケーション専攻(DICOM)博士前期課程修了

私は2014年4月からDICOMの「言語教育と言語情報」プログラムに所属しました。GSIDへの入学を決めた理由は、学部時代に学んだことをさらに深く追究し、より洗練された手法を用いて自身の研究テーマである「学習者オートノミー(自律)」について研究をしたいと思ったからです。
そして、実際に入学したGSIDはまさに私の期待通りの場所でした。DICOMに在籍している学生のバックグラウンドは本当に様々です。学部卒業後に入学した学生だけでなく、企業で働いた経験のある方、中学・高校・大学等で教授経験のある方、また働きながらゼミや授業に通われている方も多くいます。研究内容も、私のように言語教育が専門の学生もいれば、言語学が専門の学生もおり、言語教育の中でも、英語教育、日本語教育、音声、脳科学、教育心理など、個々の学生の研究テーマは多岐にわたります。そのため、ゼミの発表では活発に意見が飛び交っており、常に異なった視点から自身の研究を見直す良い刺激となりました。また、学生が多種多様なテーマで研究に挑戦することを可能にしているのは、DICOMの先生方の熱心なご指導のお蔭です。先生方は、一つ一つの研究に熱心に耳を傾け、学生の努力を評価すると同時に、より質の高い研究に向けてアドバイスをして下さいます。
また、私は、GSID内のEIUPというボランティア団体に所属し、名古屋大学の留学生と共に小中高等学校に出向き、国際理解教育の出張授業を行いました。学校側と何度も連絡を取り合い授業を考えるのは大変な面もありましたが、国際理解教育や英語教育について実際に現場の先生方の声が聞けるという点で、教員を目指していた私にとっては非常に貴重な経験となりました。さらに、留学生と関わりを持つ良い機会にもなりました。
私は、2年間、このようなGSIDの環境で学べたことを心より感謝し、嬉しく思います。修了後は高校教員になる予定ですが、GSIDで学んだことを存分に活かし、英語を教えていきたいと思っています。


王 町  国際コミュニケーション専攻(DICOM)博士前期課程修了

学部時代は中国の大学で日本語の勉強をしていました。特に日本語の擬音語・擬態語について興味を抱いており、卒業後は研究生という形でGSIDの国際コミュニケーション専攻に入りました。研究生として1年間先生方のご指導を受け、言語学の基礎知識を増やし、更に新しい研究テーマを見つけました。その後、入学試験に合格し、大学院生になりました。2年間の研究を通して、博士前期課程を無事修了しました。GSIDに在籍する3年間の中、私の感じた最も印象深い特徴を3つご紹介します。
1つ目は国際性です。国際開発研究科はその名の通り、グローバル人材の集まりです。在籍する学生は日本人学生だけでなく、様々な国から日本にきた留学生がたくさんいます。共通言語も日本語と英語の両方です。そのため、英語能力を伸ばす環境、つまり英語を話す相手と気軽に話せる雰囲気が備わっています。英語能力を伸ばしたい学生にとって最適な場所だといえます。2つ目は研究内容のみならず、研究方法の指導も重視しているところです。例えば、言語学の研究に役立つソフトウェアの使い方や、コーパスの利用方法など、研究にとって重要なスキルが身につきます。特に「言語情報処理入門」という授業では、コンピュータを用いる研究方法を習得できます。実際の研究にとって大変有意義です。3つ目は論理的思考力が身につくことです。例えば、「意味論」の授業や、「言語教育と言語情報演習」で、命題間の包含関係、帰納法・演繹法・仮説演繹法といった論理学の概念を学び、より論理的に物事を考えることができるようになりました。
上記の3つ以外にも、施設、環境、雰囲気など、GSIDの優れているところは数多く、ここで全ては書ききれません。これから入学を考えている皆様にとって、きっと素晴らしい選択肢になると確信しています。


李 文平  国際コミュニケーション専攻(DICOM)博士後期課程修了

私は博士後期課程で、中国人日本語学習者のコロケーションの習得について研究しました。国際コミュニケーション専攻には、学生が研究者としてひとりだちしていくための環境が整っていると思います。諸先生方から、コーパスデータの処理技術や眼球運動の測定・分析など、最先端の研究手法を身につけることができ、これが今後の自立のための重要な一環となります。私は、これらの知識を自分の関心のある分野に応用することで、研究者としての第一歩を踏み出すことができました。この第一歩を踏み出したことで、目の前の道がいきなり明るく、広くなった思いがしています。国際コミュニケーションの諸先生方の下で研究生活を送れたことに、心より感謝しています。


在校生の声
小林 真実  国際コミュニケーション専攻(DICOM)博士前期課程

  私は国際開発研究科の国際コミュニケーション専攻で、第二言語習得、特に英語のスピーキングに関する研究を行っています。 研究科に入学する前、学部生の時はフランス文学を専攻し、卒業後は英語教師、建築設計、翻訳、通訳の仕事をしていました。英語教育について勉強した経験を持たずに教師をする事に疑問を感じ、又、教育理論に興味を持ち、修士課程で第二言語習得を学ぶ事にしました。
国際開発研究科を選んだのには2つの理由があります。 まず、この研究科には第二言語習得を専門とする教授が揃っています。スピーキング力の習得に興味を持っていたので、言語習得に関する授業があり、修士論文の指導を受けられる環境が必要でしたが、この研究科にはその環境が整っていました。 又、第二言語習得だけではなく、高等教育に関する授業を受けられる事も大きな理由でした。同研究科の国際開発専攻では、教育開発に関する授業を受ける事が出来ます。
この2つの理由から国際開発研究科を選択しましたが、期待を上回る経験をしています。
 授業では、既存の研究に疑問を抱く訓練をします。論文を読み、批判し意見を持つ事を期待されます。これは自分の研究を行うのに無くてはならない技術であり、社会生活を送る上でも必要な能力です。
 又、他の学生のサポートも貴重です。先生に聞くのが憚られる様な些細な事を聞いたり、同じ分野の研究を行っている学生に相談にのってもらったりする事により、研究や授業の不安を何度も乗り越える事が出来ました。
 研究科の他の学生から多くの刺激を受けている事も魅力です。様々な研究に励む学生に囲まれ、怠ける事を許されない環境が与えられています。
 しかしこの環境は、本当に研究に取り組みたいと考えている人でなければ居心地が悪いと感じるでしょう。これから大学院進学を目指す方には、求めている物が国際開発研究科にあるのかを見極めて進路を選択して頂きたいです。


過去に掲載された在校生・修了生の声


Copyright(c)Graduate School of International Development,Nagoya University.All Rights Reserved.