本文へジャンプ
名古屋大学 大学院国際開発研究科
トップページ総合案内専攻・教員・研究員教育研究社会貢献・国際協力学生生活入学案内図書室お問い合わせリンクサイトマップ著作権について研究科内向け情報
国際開発研究科が目指すもの English
ナビゲーション トップページ >> 総合案内 >> 国際開発研究科が目指すもの
Last Updated: , 広報委員会

研究科のミッション

国際開発研究科のミッションは、グローバル化する世界が直面する諸問題の実態と解決策を研究するとともに、国際機関・各国政府・市民社会等による政策立案・実施過程に貢献することを通じて、持続可能なより良い社会を実現することです。課題解決の方策には技術的なアプローチだけでは不十分であり、社会科学の理論に立脚しつつ、政策的枠組みを理解し、変革する視点が必要です。国際開発研究科は、世界の研究機関や政策立案・実施機関と連携し、社会科学分野における学際的な研究教育を通じて、グローバル社会が抱える課題解決の方策を模索できる「勇気ある知識人」の育成をめざします。具体的な目標は以下の通りです。

  1. 国際社会・各国政府・市民が直面する多様な開発課題を、社会科学の理論と手法を用いて、地域の文脈に根ざした実証分析を行い、グローバルな視点で政策立案とその実施過程に貢献する研究を進めます。

  2. それぞれの国や地域の実情を踏まえ、国際社会と協力して、各国の国づくりや地域づくりに貢献する高度専門職人材を育成します。

  3. 世界各国の政府・大学、国際機関と研究・教育を通じたネットワークを拡大し、地球レベルで持続可能な開発と公正な社会の実現に貢献します。



Copyright(c)Graduate School of International Development,Nagoya University.All Rights Reserved.