本文へジャンプ
名古屋大学 大学院国際開発研究科
トップページ総合案内専攻・教員・研究員教育研究社会貢献・国際協力学生生活入学案内情報資料室お問い合わせリンクサイトマップ著作権について研究科内向け情報
研究科長からのメッセージ English
ナビゲーション トップページ >> 総合案内 >> 研究科長からのメッセージ
Last Updated: , 広報委員会

 名古屋大学大学院国際開発研究科(GSID)は1991年に発足し、今年で創立26周年を迎えます。創立以来26年の間に、国際開発を取り巻く世界の環境は大きく変化しました。特に昨年は、国際的にも重要な節目の年であり、研究科25周年を記念するにふさわしい年でした。2015年7月、国連は2000-2015年における国際社会の目標である「ミレニアム開発目標Millennium Development Goals, MDGs」の最終評価として、「ミレニアム開発目標報告書2015」を発表しました。この報告書によれば、2000年から2015年までの間に、極度の貧困に苦しむ人々の数を半減するというMDGsの最も重要な目標は達成されたことがわかります。同年9月、ニューヨークで開催された「持続可能な開発に関するサミット」で、MDGsに続く新たな開発目標である「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals, SDGs)」が各国政府の代表により採択されました。この目標は今年2016年から2030年までの国際社会における行動規範であり、17 の目標と169のターゲットからなります。SDGsがミレニアム開発目標と区別される大きな特徴は、これらの目標が開発途上国だけでなく、先進国にも適用される目標であり、世界各国の政治的コミットメントが強く求められている点です。 また、内容的には持続可能な経済、社会、環境の実現が大きな柱となっています。
 こうした国際的な行動規範の変化と時を同じくして、名古屋大学では国際開発研究科の機能強化が求められています。この要請を受け、研究科では上述した国際的な行動規範と足並みを揃え、開発途上国が直面する課題に加え、先進国も含めたグローバル社会が直面する課題に対応する研究や教育の実施体制づくりに取り組んでいます。特に重要な領域となるのは、「持続可能な開発」を支える経済成長、貧困や格差の解消、教育と人材開発、包摂的で公正な社会の実現、平和とガバナンス、環境保全等に関わる分野です。研究と教育でこうした分野をカバーできる体制づくりに向けて、研究科のさらなる機能強化を進めてまいります。          ito
伊東早苗
国際開発研究科長
Copyright(c)Graduate School of International Development,Nagoya University.All Rights Reserved.