本文へジャンプ
名古屋大学 大学院国際開発研究科
トップページ総合案内専攻・教員・研究員教育研究社会貢献・国際協力学生生活入学案内図書室お問い合わせリンクサイトマップ著作権について研究科内向け情報
阪上 辰也 English
ナビゲーション トップページ >> 専攻・教員・研究員 >> 教員一覧 >> 阪上辰也
Last Updated: , 広報委員会



さかうえ たつや

阪上 辰也

 

国際開発研究科 特任助教
学術修士


詳細: http://www.sakauetatsuya.net




最終学歴
名古屋大学大学院 国際開発研究科 (2005)


専門分野
英語教育
応用言語学


研究課題
コンピューターを利用した外国語教育
学習者コーパスの分析


所属学会
英語コーパス学会 (JAECS)

外国語教育メディア学会 (LET)

言語処理学会 (NLP)


主要著書・論文
2007 「Ajaxを用いた英語コロケーション教材の開発とその利 用」『LET中部支部研究紀要』 第18号 pp.1-10.(古泉隆・杉浦正利との共著)[PDF 368KB]

2007

"A Discriminant Analysis of Non-native Speakers and Native Speakers of English" Corpus Linguistics 2007. (杉浦正利・成田真澄・石田知美・村尾玲美・村木恭子との共著)[PDF 176KB]

2004

「日本人英語学習者の作文における接続語の誤用分析 - 文頭に現れる and と but を中心に-」杉浦正利 (代表) 『なぜ英語母語話者は英語学習者が話すのを聞いて すぐに母語話者ではないとわかるのか』(pp.97 -110). 平成 13、14、15年度 科学研究費補助金 (基盤研究(C)(2)) 研究成果報告書, 研究課題番号 13610563 [PDF 190KB]

2004

「母語話者コーパスと学習者コーパスにおける共起表現の頻度 リスト」 杉浦正利(代表)『なぜ英語母語話者は英語学習者 が話すのを聞いてすぐに母語話者ではないとわかるのか』(pp.119-180). 平成13、14、15年度科学研究費補助金 (基盤研究(C)(2)) 研究成果報告書, 研究課題番号 13610563(村尾玲美との共著)[PDF 415KB]


Copyright(c)Graduate School of International Development,Nagoya University.All Rights Reserved.