本文へジャンプ
名古屋大学 大学院国際開発研究科
トップページ総合案内専攻・教員・研究員教育研究社会貢献・国際協力学生生活入学案内情報資料室お問い合わせリンクサイトマップ著作権について研究科内向け情報
浅川 晃広 English
ナビゲーション トップページ >> 専攻・教員・研究員 >> 教員一覧 >> 浅川 晃広
Last Updated: , 広報委員会



あさかわ あきひろ

浅川 晃広


留学生担当講師
博士(学術)

E-mail: : asakawa@gsid.nagoya-u.ac.jp
ホームページ : http://www.geocities.jp/asakawaakihiro/




最終学歴
大阪大学大学院博士後期課程単位修得退学(2004)


専門分野
移民政策論
オーストラリア政治社会論


研究課題
国際人口移動と開発
オーストラリアの近年の移民政策
人口減少社会の日本の移民政策
オーストラリア政治


所属学会
オーストラリア学会
日本移民学会
日本国際政治学会


主要著書・論文
2007 『近代日本と帰化制度』 溪水社(単著)
2006 オーストラリア移民政策論』 中央公論事業出版(単著)
2006 『「在日」論の嘘』 PHP研究所(単著)

2003

『在日外国人と帰化制度』 新幹社(単著)

2006 「オーストラリア連邦の成立と帰化政策 移民の『促進』と『排除』をめぐって」『オーストラリア研究』第18号、43-58頁
2006 Akihiro Asakawa "Getting into the Mainstream: Political Participation by Asian Migrant Professionals in Australia", 石井由香編『アジア太平洋における専門・技術職国際移動者の生存戦略とネットワーク』平成16年度〜平成17年度科学研究費補助金研究成果報告書、45-71頁
2005 「2004年オーストラリア連邦総選挙結果の分析」『オーストラリア研究紀要』第31号、87-101頁

2004

「オーストラリアにおける憲法改正問題 その政治的理念をめぐって」『オーストラリア研究』第16号、54-70頁

2003

「オーストラリアの移民政策と不法入国者問題 『パシフィック・ソリューション』を中心に」『外務省調査月報』 2003年度第1号、1-32頁

2003

「明治前期の帰化許可者 特別の詮議による帰化をめぐって」『移民研究年報』第9号、135-154頁

2002

「明治国籍法から昭和国籍法へ 旧植民地出身者の国籍処理をめぐって」『日本学報』第 21号、1-19頁

2001 「移民国家オーストラリアにおける市民権 市民権法の改正過程を中心に」『外国学研究』第50号、95-112頁
2001 「明治国籍法の歴史的意味 帰化の設定をめぐって」『移民研究年報』第7号、3-22頁
1999 「オーストラリアにおける移民定住団体助成制度 多文化主義政策との関連で」『オーストラリア研究』第12号、18-32頁
1997 「ポーリン・ハンソン論争 社会変動期のオーストラリアにおける人種論争」『オーストラリア研究紀要』第23号、127-145頁

Copyright(c)Graduate School of International Development,Nagoya University.All Rights Reserved.