本文へジャンプ
名古屋大学 大学院国際開発研究科
トップページ総合案内専攻・教員・研究員教育研究社会貢献・国際協力学生生活入学案内図書室お問い合わせリンクサイトマップ著作権について研究科内向け情報
外国人客員研究員 English
ナビゲーション トップページ >> 専攻・教員・研究員 >> 外国人客員研究員
Last Updated: , 広報委員会

平成 26 年度 外国人研究員
氏 名 国 籍 所属・職名 研究題目 期 間 受入教員
MEN Prachvuthy
メン プラチブティ
カンボジア Lecturer for the Royal University of Phnom Penh
王立プノンペン大学・講師
Community Saving and Its Economic Empowerment
地域貯蓄及びその経済的エンパワーメント
平成 25 年 5 月 1 日 -
平成 25 年 8 月 30 日
国際開発専攻
岡田教授(OFW)
Joe Devine
ジョー・ディヴァイン
英国 Lecturer, Department of Social & Policy Sciences at the University of Bath
バース大学社会・政策科学部, 講師
Well-being, Inequality and Poverty
人間の福祉・不平等・貧困
平成 25 年 7 月 1 日 -
平成 25 年 8 月 30 日
国際協力専攻
伊東教授
NANDANG RAHMAT
ナンダン ラフマット
インドネシア共和国 Head of the Graduate School of Letters, Faculty of Arts, Padjadjaran University
パジャジャラン大学文化学部大学院文学研究科長,
パジャジャラン大学日本語研究センター所長
The image schema of aspectulality of Japanese compound verbs
日本語複合動詞のアスペクト的特徴のイメージ・スキーマ
平成 25 年 4 月 1 日 -
平成 25 年 6 月 30 日
国際コミュニケーション専攻
藤村教授
Aser Javier
アセル ハビエール
フィリピン Associate Professor, College of Public Affairs, the University of Philippines, Los Banos
フィリピン大学ロスバニョス校公共政策学部・准教授
Local Governance and Local Economic Development in the Philippines
フィリピンのローカルガバナンスと地域経済開発
平成 25 年 10 月 2 日 -
平成 25 年 12 月 26 日
国際協力専攻
伊東教授
大島 弘子
OSHIMA Hiroko
日本
(仏永住権)
Langues et Civilisations de l'Asie Orientale, Universite´ Paris 7
パリ・ディドロ大学東アジア言語文化学部・准教授
Semantico-pragmatic analysis of the Japanese Language
- comparative study of various registers -
日本語の位相の意味語用分析
平成 25 年 7 月 1 日 -
平成 25 年 9 月 30 日
国際コミュニケーション専攻
藤村教授
Heenkenda Mudiyanselage Shirantha Chaminda Bandara
ヒンケンダ  ムディアンセラゲ シランタ チャミンダ バンダラ
スリランカ Senior Lecturer, Department Economics, University of Sri Jayewardenepura
スリジャヤワルデネプラ大学経済学部 シニアレクチャラー
Inequalities in the Financial Inclusion in Sri Lanka
スリランカのファイナンシャルインクルージョンにおける格差
平成 26 年 1 月 1 日 -
平成 26 年 2 月 14 日
国際開発専攻
新海准教授
Duwa Pathirage Sarath Chandrakumara
ドゥア パシラゲ サラ チャンドラクマラ
スリランカ Senior Lecturer, Department Economics, University of Sri Jayewardenepura
スリジャヤワルデネプラ大学経済学部 シニアレクチャラー
Employability of New Graduates in Sri Lanka:Implications for Improvement of Quality
スリランカにおける新卒の雇用可能性:質の向上への効果
平成 26 年 2 月 15 日 -
平成 26 年 3 月 31 日
国際開発専攻
新海准教授



過去掲載分

Copyright(c)Graduate School of International Development,Nagoya University.All Rights Reserved.