言語情報処理入門 /藤村逸子,滝沢直宏,杉浦正利,大名力,成田克史,木下徹,山下淳子

■開講時期 Spring ■曜日 Thursday ■時限 5

■授業内容
国際コミュニケーション専攻修士課程の選択必修科目のうちの1つ。
言語や言語教育に関する研究や,テキストを重視した文化やコミュニケーション研究を志す学生のために用意された科目。電子化された言語資料を研究に役立てようと思う学生は,この科目の受講が必須である。半年のコースを修了すれば,コンピュータによる情報処理技術の基礎が身に付くはずである。
具体的には以下のことを扱う。
1. コンピュータネットワークの基礎(WWWページの作り方を含む)
2. 基本的なUNIXの使い方
3. 正規表現による検索
4. エディタによる検索と加工
5. 多言語の処理
6. 音声の収録と音声の見方
7. 統計処理の基礎
■授業計画

■テキスト・参考文献など
授業中に指示する。
■成績評価
原則として毎回、宿題か小テストを課し,その結果に基づいて成績を出す。期末試験やレポートは課さない。
■受講制限
教室の制約のため,受講生を25人に制限する。
受講申し込みは4月17日の第一回目の授業時に行うので,受講希望者は必ず出席すること。
優先順位は以下のとおり。
1位:DICOMのM1,2位:DICOMのMの学生、3位:DICOMのDの学生、研究生、4位:他専攻のMの学生、5位:他専攻のその他学生、6位:他研究科の学生
■ユーザーアカウント
受講には,情報メディア教育センター発行のユーザーアカウントとパスワードが必要。センターのシステムの入れ替えが行われたため,これまで利用していた学生も注意すること。

◎GSIDに新しく入学した学生は,情報ガイダンスにおいてアカウントを配布済み。

◎2年生以上は,次のページを必ず読み,必要な情報を得ること。http://www.media.nagoya-u.ac.jp/index.php?oid=16691

◎研究生は申請しなければならない。自動的には発行されない。
http://www.media.nagoya-u.ac.jp/contents/133/

■その他
情報メディアセンターのサーバをサテライトラボ以外から利用する方法
受講生のホームページ