本文へジャンプ
名古屋大学 大学院国際開発研究科
トップページ総合案内専攻・教員・研究員教育研究社会貢献・国際協力学生生活入学案内図書室お問い合わせリンクサイトマップ著作権について研究科内向け情報
「平和構築」プログラム English
ナビゲーション トップページ >> 教育 >> 博士(前期)課程新教育カリキュラム >> 「平和構築」プログラム
Last Updated: , 教務学生委員会

目次
  1. 担当教員
  2. 本専門教育プログラムの目的
  3. アウトプットの人材像
  4. 近年の修士・博士論文題目例
  5. 卒業生の進路、就職実績
  6. カリキュラム

1. 担当教員
  1. プログラム代表者: 山形英郎
  2. 主担当教員: 
    • 山形英郎(紛争処理論、国連法)
    • 西川由紀子(紛争と開発)
    • 伊東早苗 (貧困削減論、社会開発)
    • 島田弦(開発法学・インドネシア法)
  3. 主担当教員が取り組んでいる研究プロジェクト(科学研究費などによる)
    1. 「人間の安全保障と国際法、紛争処理論」(山形)
    2. 「持続可能なフェアトレード(公正貿易)のあり方と、その日本における発展の可能性」(伊東)
    3. 「「法の移植」論のアジア法への応用:インドネシア法へのオランダ法学理論の影響から」(島田)
    4. 「紛争経験国における開発,紛争予防,民主化」(西川)

▲目次に戻る

2. プログラムの目的

1) 内容:平和構築、紛争後の復興支援に関する諸理論とアプローチ、紛争と開発および紛争と援助の関係、紛争および紛争後社会への支援の諸段階とそれに関わる諸問題および国際社会の関わり方、国連および国際的開発・協力期間の紛争予防・防止および紛争後の平和構築・復興支援の枠組みと取り組みなど、平和構築と開発の関係をあらゆる角度から学ぶ。

2) 目的:紛争はなぜおこるのか、国際社会は介入すべきか、どのような介入がありうるか、開発援助は紛争後社会の平和の定着に役立つか、紛争防止のための開発援助、国際協力とは何か、といった現代の国際社会が直面している現実的な開発援助と国際協力の根本的な問題を学修する。理論のみならず、具体的な事例研究を通じて、国際平和協力分野の人材として必要な知識と国際協力のための手法を習得する。

3) 対象:国際平和協力に従事することを考えている学生、社会人

▲目次に戻る

3. アウトプットの人材像
  1. JICA、JBIC、UNHCR、UNDP,、世界銀行、UNICEF,、UNESCOなどの開発援助および国際協力機関で働くプロジェクトプラナー、プロジェクト実施担当官
  2. 紛争後の社会で緊急人道支援、復興・開発支援に関わる事業を実施しているNGOおよびコンサルタント会社に努める者
  3. ジェトロアジア経済研究所、日本国際問題研究所、FASIDなどの研究機関やシンクタンクで紛争地域および紛争潜在地域について研究するアナリスト
  4. 大学教員

▲目次に戻る

4. 近年の修士・博士論文題目例
  • 修士論文題目:
    • 「ナイジェリアの民政移管における外部勢力の役割」
    • 「エスニシィの差異化:バングラデッシュ・チッタゴン丘陵地帯の事例」
    • 「南アフリカ共和国における人権ー1996年憲法の視点から」
    • "Geopolitical Aspects of Government Policies of Azerbaijan Concerning the Caspian Sea"
    • 「緊急人道支援における政府とNGOのパートナーシップーアフガニスタン復興支援を事例に」
    • "Turkey's Kurdish Policy: Domestic and Foreign Factors"
    • 「ソマリア紛争に対する米国外交の再検討ー人道的介入を中心に」
    • 「帰還兵士の社会復帰事業における援助手法−アフガニスタンを事例に−」  
  • 博士論文題目:
    • 「天安門事件後の米中台・日中台関係」
    • 「スリランカの対中東外交政策」
    • 「冷戦の終結に伴う開発援助戦略の変容と国連 -国連開発計画(UNDP)の活動を通して」 
    • "Thailand's Domestic Politics and its Foreign Policy-Making: With the Empirical," Study of Chatichai's Turn the Battlefields in to Marketplaces' Policy, 1988-1991.
    • 「投資協定における投資の保護−現地子会社の取扱いを中心に−」
    • "Humanitarian Activities of the UN Peacekeeping Operations in Africa"

    ▲目次に戻る


5. 卒業生の進路、就職実績
  • 修士課程卒業生:
    1. 海外青年協力隊
    2. JICE、JICAなどの開発援助機関
    3. 東芝、イビデンなど一般企業の環境配慮分野の担当者
    4. 市民フォーラム21,NPOセンター
    5. 石油公社(アゼルバイジャン、クウェート)の市場開発担当官   
  • 博士課程卒業生:
    1. 大学教員(タイ、カセサート大学、台湾;開南大学、スリランカ:コロンボ大学)

    ▲目次に戻る


6. カリキュラム (PDF 76KB)

▲目次に戻る

 

Copyright(c)Graduate School of International Development,Nagoya University.All Rights Reserved.