本文へジャンプ
名古屋大学 大学院国際開発研究科
トップページ総合案内専攻・教員・研究員教育研究社会貢献・国際協力学生生活入学案内図書室お問い合わせリンクサイトマップ著作権について研究科内向け情報
「言語教育と言語情報」プログラム English
ナビゲーション トップページ >> 教育 >> 博士(前期)課程新教育カリキュラム >> 「言語教育と言語情報」プログラム
Last Updated: , 教務学生委員会

目次
  1. 担当教員
  2. プログラムの目的
  3. アウトプットの人材像
  4. 近年の修士・博士論文題目例
  5. 卒業生の進路、就職実績
  6. カリキュラム

1. 担当教員
  1. プログラム代表者: 藤村逸子
  2. 主担当教員: 
    • 成田克史(音声学、ドイツ語教育学)
    • 藤村逸子(言語学、コーパス言語学)
    • 木下徹(応用言語学、英語教育学)
    • 杉浦正利(英語教育学、教育工学、英語学)
    • 大名力(英語学、生成文法、英語語法文法)
    • 山下淳子(応用言語学、英語教育学)
    • 加藤高志(言語学、フィールド言語学)
    • 大島義和(言語学、日本語学)
  3. 支援教員:笠井直美(中国古典文学)
  4. 担当教員が取り組んでいる科学研究費等の研究プロジェクト(括弧内は研究代表者)
    1. 遷移確率に基づく第二言語処理能力発達理論構築のための基礎的研究(杉浦)
    2. 形容詞語彙の使用パターンとその構造化に関する日仏語対照研究(藤村)
    3. 外国語読解力構成技能の発達的変化(山下)
    4. 日本語における引用述語省略現象(大島)
    5. ラオス北部における危機言語および在来知アーカイブスの構築のための基礎研究(加藤)
    6. 協働活動と脳科学:日本人教師の可能性(木下)
    7. ドイツ語イントネーションの典型性の研究―日本人ドイツ語上級者との比較―(成田)
    8. コーパスデータの信頼性とI言語研究資料としての利用の妥当性に関する考察(大名)
    9. 中国近世白話文学コーパスへの文学理論研究に資する情報付与の基礎的研究(笠井)

▲目次に戻る

2. プログラムの目的

本プログラムは、コミュニケーションの基礎となる言語とその習得に関する研究を行うことのできる研究者・教育者および優れたコミュニケーション能力を備えた職業人を養成する。言語情報処理技術を利用したコーパスの分析、外国語習得に関するさまざまな実験と観察、フィールドにおける緻密な言語記述等による広い意味での言語事実を重視した理論的・実証的研究を遂行する能力を備えた人材の育成、ならびにその成果を応用したインターネット・マルチメディア教材の開発や、国際支援の一環としての外国語教育システムの研究開発、また、異文化間におけるコミュニケーション支援としての翻訳や通訳等の実務に携わることのできる人材の育成を目指す。すなわち、言語および言語習得の研究者に加え、国際コミュニケーションの分野において言語が関わる諸問題を解決する能力を持つ人材の育成が本プログラムの目的である。また、言語を取り巻く文化・社会的要因に十分配慮した研究姿勢が培われる点も本プログラムの特徴である。

1) 博士課程前期課程では、基礎的な言語情報処理技術、リサーチデザイン、言語統計処理の手法を学び、自立的な文献調査ができるように、体系立ったカリキュラムの下で基本的なトレーニングを積み、個々の学生の学術的関心に応じたテーマで修士論文を執筆する。

2) 博士後期課程では、複数の指導教員の指導の下で、習得した基本技能を実際に運用して、個々の学生が専門とする分野で新たな研究課題を開拓し、独自に研究に取り組める能力を養いつつ、博士論文を執筆し、専門家としての力量を獲得する。

▲目次に戻る

3. アウトプットの人材像
  1. 大学等の高等教育機関の研究者・教育者
  2. 中学校・高等学校の外国語の教員
  3. 国家・地方公務員
  4. 企業の国際関係部門
  5. 日本語教師
  6. 翻訳・通訳にかかわる専門家

▲目次に戻る

4. 近年の修士・博士論文題目例

▲目次に戻る


5. 卒業生の進路、就職実績
  • 修士課程卒業生:
    1. 大学等の高等教育機関の研究者・教育者:名古屋大学、三重大学、淑明女子大学校
    2. 中学・高校の外国語の教員:愛知県高校教員、愛知県中学教員、愛知県私学高校教員
    3. 国家・地方公務員:
    4. 企業の国際関係の部門:デロイトシステムズ、UHT
    5. 日本語教師:青年海外協力隊
    6. マスメディア:中日新聞社
  • 博士課程卒業生:
    1. 大学等の高等教育機関の研究者・教育者:名古屋大学、山形大学、姫路工業大学、名古屋商科大学、中京女子短期大学、甲南女子大学、南山大学、愛知文教大学、東京国際大学、名古屋明徳短期大学
    2. 大学等の高等教育機関の日本語教育分野の研究者・教育者(海外):マラヤ大学、インドネシア大学、淡江大学、銘傳大学、キエフ大学、淑明女子大学校
    3. 中学・高校の外国語の教員:愛知県高校教員
    4. 国家・地方公務員:北九州市職員
    5. 企業の国際関係の部門:カナダトロント総合病院

    ▲目次に戻る


6. カリキュラム (PDF 108KB)

▲目次に戻る

 

 

Copyright(c)Graduate School of International Development,Nagoya University.All Rights Reserved.