本文へジャンプ
名古屋大学 大学院国際開発研究科
トップページ総合案内専攻・教員・研究員教育研究社会貢献・国際協力学生生活入学案内情報資料室お問い合わせリンクサイトマップ著作権について研究科内向け情報
国際開発研究科 国際コミュニケーションコースの特色 English
ナビゲーション トップページ >> 教育 >> 新しい教育カリキュラムの構想について >> 国際開発研究科 国際コミュニケーションコースの特色
Last Updated: , 教務・学生委員会

国際開発研究科 国際コミュニケーションコースの特色

  国際開発研究科国際コミュニケーション専攻には二つの教育プログラムが用意されます。「人の移動と異文化理解(Human Migration and Cross-Cultural Understanding)」プログラムと「言語教育と言語情報(Language Education and Linguistic Information)」プログラムです。「人の移動と異文化理解」プログラムは、さまざまな地域や国々の間に生じる人間関係および文化の交流について正確な知識を持ち、諸問題を多元的な視点から分析・理解できる能力を備えた人材の養成をめざすものであり、「言語教育と言語情報」プログラムは、コミュニケーションの基礎となる言語とその習得について深く探究し、得られた知見を教育や社会的実践の場に活かしていく能力を備えた人材の養成を目的とします。本専攻では、これらの教育プログラムを通じて、言語・文化に関する専門的知識と問題解決能力を備えた研究者・教育者・職業人の育成を行います。この教育の特徴は次のとおりです。

  1. 国際コミュニケーション教育の目標は、異文化を理解し、国際コミュニケーションを遂行する能力を身につけ、高等教育および国際社会における専門家として活躍できる研究者、教育者、職業人を育成し、社会に送り出すことにあります。そのための教育体制として、地域研究と異文化理解およびコンピューター・リテラシーと言語情報処理の基礎的な訓練を行う国際コミュニケーション基礎科目(Basic Subjects in International Communication)を横軸に、国際コミュニケーションに関わる一つの領域について深く学ぶ専門教育である国際コミュニケーション専門科目(Specialized Subjects in International Communication)を縦軸にしたT字型教育を採用します。
  2. 国際コミュニケーション教育ではまた、学際性・超領域性を重んじ、かつ狭い視野の専門教育に陥ることを避けるために、二つのプログラムを有機的に連関させた融合型教育を特徴とします。すなわち、学生はどちらか一つのプログラムを選択し、そのプログラムの専門科目を履修すると同時に、自由にもう一つのプログラムの専門科目も履修できるようなカリキュラム上の配慮がなされています。
  3. 国際コミュニケーション基礎科目では、国際社会と異文化理解研究の基本となるアプローチの仕方、分析の手法、地域研究の方法、フィールドワークの実践的技術などを学ぶ「文化・社会研究方法論」、コンピューターを用いた情報処理の基礎を学ぶ「言語情報処理入門」、研究計画の立案の仕方や統計学の基礎を学ぶとともに、コーパスの解析や、実験、アンケート調査などの結果を統計的に処理するために必要な技術を学ぶ「リサーチデザインと言語統計処理」の三つが研究科共通科目として用意されます。
  4. 国際コミュニケーション専門科目は二つの領域に分かれ、それぞれが各教育プログラムを形成します。「人の移動と異文化理解」プログラムは、大別すると(1)人の国際移動、(2)文化の国際交流を扱います。(1)では、人間が縦横に移動することでボーダーレスの時代に入った国際社会において見られるようになった、人間や環境の諸関係におけるさまざまな変動現象の動態的な様相を分析する能力を養成します。(2)では、そうしたボーダーレス時代における国家や地域社会を超えた文化の交流と創造のダイナミックで複合的な現象を多文化間の比較研究を通して実証的に分析する能力を養成します。「言語教育と言語情報」プログラムでは、主に言語の記述、言語のメカニズム、言語能力の獲得と外国語教育、言語と社会の関わりを扱います。(1)「言語教育」の分野では、第二言語習得研究や、さらにその成果を応用した教材、特にインターネット技術との組み合わせによるマルチメディア教材や、外国語教育システムを研究開発する能力を養成します。また、外国語教育や翻訳、通訳等を通じた異文化間コミュニケーションの支援と促進に貢献するための基礎的能力を養成します。(2)「言語情報」の分野では、文明の発展の陰で消滅の危機に瀕した言語の記録と記述、諸言語の大規模コーパスの分析、各種装置を用いた実験、言語を取り巻く文化と社会の諸相の詳細な観察などを基にした理論的・実証的言語研究およびコミュニケーション研究を遂行する能力を養成します。
  5. 国際開発研究科の学生の約半数は留学生です。また、日本人学生の中にも教育経験や一般企業での実務経験を有する者が少なくありません。教員も、様々な教育・研究経験を持ち、国内のみならず国際的なプロジェクトに参加している者も多くいます。国際コミュニケーション専攻では、多様な経験や背景を持つ学生や教員が、授業の内外で相互に交流しながら教育と研究を行っています。本専攻の授業で用いる言語は主に日本語ですが、文献講読や論文執筆等においては正確な英語の運用能力が求められます。さらに、アジア、北米、中南米、ロシア、欧州の国々の言語、文化、社会事情に精通している教員や、様々な国の留学生の存在により、本専攻における教育・研究を含むすべての活動は、多言語による国際コミュニケーションの実践の場となっています。
Copyright(c)Graduate School of International Development,Nagoya University.All Rights Reserved.