専攻主催の研究会

第14回

  • 題目 MIT Linguistics and Theoretical Linguistics in the USA
  • 講師 吉田幸治
  • 責任運営委員 大室剛志
  • 日時 2008年10月10日(金)
  • 場所 5階第6演習室
  • 概要 MIT Ling & Philにおける研究・教育システムの概要を中心に、理論言語学研究の現状と課題についてのお話。いくつかの国際学会の内容の報告。

第13回

  • 題目 英語の文字と綴り
  • 講師 大名力
  • 責任運営委員 大名力
  • 日時 2008年8月25日(月)-26日 (火)
  • 場所 未定
  • 概要 現代英語の書記体系とその歴史的成立過程について概観する。主たる対象は本専攻の学生。

第12回

  • 題目 概念意味論概論
  • 講師 大室剛志
  • 責任運営委員 大室剛志
  • 日時 2008年6月6日 (月) 10:30-12:00, 15:00-18:00
  • 場所 第8演習室、第9演習室
  • 概要 生成文法の意味論である概念意味論の基本的なメカニズムについて講義する。主たる対象は本専攻の学生。

第11回

  • 題目 正規表現入門
  • 講師 大名力
  • 責任運営委員 大名力
  • 日時 2008年5月17日 (土) 13:00-15:00
  • 場所 第1言語情報処理室
  • 概要 演習形式で正規表現の基礎を学ぶ。主たる対象は本専攻の学生

第10回

  • 題目 概念意味論概論
  • 講師 大室剛志
  • 責任運営委員 大室剛志
  • 日時 2007年3月19日 (月) 9:00-16:00
  • 場所 第8演習室
  • 概要 生成文法の意味論である概念意味論の基本的なメカニズムについて講義する。主たる対象は本専攻の学生。

第9回

  • 題目 英語の文字と綴り
  • 講師 大名力
  • 責任運営委員 大名力
  • 日時 2007年3月15日 (木) 10:00−18:00
  • 場所 
  • 概要 現代英語の書記体系とその歴史的成立過程について概観する。主たる対象は本専攻の学生。

第8回

  • 題目 パラレルコーパス解析ツール:paraconcの解説とデモ
  • 講師 Michael Barlow氏
  • 責任運営委員 藤村逸子
  • 日時 2006年12月14日 (木) 16:30−18:00
  • 場所 第2演習室(国際開発研究科棟)
  • 概要 パラレルコーパスの解析ツール:paraconcの作者である外国人研究員の Barlow先生に解説とデモを行っていただく。

第7回

  • 題目 アルゼンチン・ポピュラー音楽をめぐる思想について
  • 講師 アルゼンチン・ロサリオ大学哲学科教授・歌手 リリアナ・エレーロ女史(スペイン語、日本語逐次通訳あり)
  • 責任運営委員 西村秀人
  • 日時 2006年10月11日 (水) 1700−1830
  • 場所 GSID 1F プレゼンテーションルーム
  • 概要 自身の軍事政権下での活動、教育と音楽活動の両立といったテーマを含めつつ、フォルクローレ音楽がアルゼンチンの歴史や文化にもつ意義について語る。主たる対象は本専攻の教員・学生だが、学外者も参加可。

第6回

  • 題目 フランス語データベース:Frantextの使い方
  • 講師 藤村逸子
  • 責任運営委員 藤村逸子
  • 日時 2006年7月28日 (金) 16:30-18:00
  • 場所 未定(国際開発研究科棟)
  • 概要 フランス語最大のデータベース:Frantextの利用法の講習。 Frantextは、名古屋大学の国際開発研究科、国際言語文化研究科、文学研究科の いくつかのコンピュータから、接続可能。主たる対象は本専攻の学生だが,利用 できる環境にある他の人も参加可。

第5回

  • 題目 韓国語テキスト処理入門−Part 1 テキストエディタと正規表現による処理
  • 講師 大名力
  • 責任運営委員 大名力
  • 日時 2006年7月8日 (土) 13:00-17:00
  • 場所 未定 (国際開発研究科の講義室を使用する予定)
  • 概要 主としてテキストエディタによる韓国語テキスト処理の方法について講義・実習を行う。主たる対象は本専攻の学生だが,それ以外の人 (学外者を含む) も参加可。

第4回

  • 題目  言語研究における反応時間および誤答率データの解析
  • 講師  :玉岡 賀津雄(広島大学教授)
  • 責任運営委員(教員)山下淳子
  • 日時 2006年6月24日 (土) 14:30-17:00
  • 場所 (予定) 名古屋大学国際開発研究科8階第一会議室
  • 概 要 題目にあるデータの解析法に関する講演。主たる対象は本専攻の教員・学生だが,それ以外の人 (学外者を含む) も参加可。

第3回

  • 題目 "Goals for ESL Writing Improvement at University"
  • 講師 Alister Cumming(トロント大学オンタリオ教育研究所 教授)
  • 責任運営委員(教員)山下淳子
  • 日時 2006年5月27日(土曜)午後2時より午後3:30時まで
  • 場所 名古屋大学国際開発研究科多目的オーディトリアム(8階)
  • 概要 公開講演会で外部からの参加もあります。

第2回

  • 題目 "Goals for ESL Writing Improvement at University"
  • 講師 Alister Cumming(トロント大学オンタリオ教育研究所 教授)
  • 責任運営委員(教員)山下淳子
  • 日時 2006年5月27日(土曜)午後2時より午後3:30時まで
  • 場所 名古屋大学国際開発研究科多目的オーディトリアム(8階)
  • 概要 公開講演会で外部からの参加もあります。

第1回

  • 題目:Webページ作成入門
  • 講師:大名力・杉浦正利
  • 責任運営委員:(教員)杉浦正利
  • 日時:2006年4月15日(土曜)午後1時より午後3時まで
  • 場所:第2言語情報処理室(712)
  • 概要:Webページの作成方法を初心者向けに講義・実習する。 主な対象は本専攻新入生。