専攻

本専攻には、博士課程前期課程と博士課程後期課程があり、課程を修了することによって、それぞれ、修士、博士の学位を取得することができます。

博士課程前期課程には、国際コミュニケーションコースが設けられ、二つの教育プログラムが用意されています。「人の移動と異文化理解(Human Migration and Cross-Cultural Understanding)」プログラムと「言語教育と言語情報(Language Education and Linguistic Information)」プログラムです。「人の移動と異文化理解」プログラムは、さまざまな地域や国々の間に生じる人間関係および文化の交流について正確な知識を持ち、諸問題を多元的な視点から分析・理解できる能力を備えた人材の養成をめざすものであり、「言語教育と言語情報」プログラムは、コミュニケーションの基礎となる言語とその習得について深く探究し、得られた知見を教育や社会的実践の場に活かしていく能力を備えた人材の養成を目的とします。本専攻では、これらの教育プログラムを通じて、言語・文化に関する専門的知識と問題解決能力を備えた研究者・教育者・職業人の育成を行います。 また、国際開発研究科には様々な地域の学生がいるため、普段の生活そのものが異文化コミュニケーションの場となっています。

国際コミュニケーションコースが求める人材像は以下の通りです。

国際コミュニケーションに関連する特定分野について基礎的な素養を身につけた人で、

  1. 言語と文化の問題に携わる研究者、教育者、職業人を目指す人。
  2. ボーダーレス時代の国際社会における人と文化の交流と変動の様相を多元的に捉え、総合的に分析、理解する能力を養いたい人。
  3. 様々な社会経験を基に、異文化理解の現場で直面する諸問題を専門的・学際的視点から見直してみたい人。
  4. コーパスを駆使できる言語研究者を目指す人。緻密な言語観察に基づいた言語理論の構築を目指す人。
  5. 第二言語習得理論・外国語教育や教授法について科学的に研究したい人。
  6. 様々な国の学生と共に学び、異文化理解を深めながら異文化交流のあり方について考えてみようと思う人。得られた知見を異文化交流の現場に活かしていこうとする人。

国際コミュニケーション専攻では、理論と実践を通じて、国際コミュニケーションにかかわる研究における専門的能力を備えた人材の養成を行っています。中学校教諭および高等学校教諭の外国語(英語)の専修免許状も取得可能です。修了後、中学・高校の外国語の教員になる他、大学等の高等教育機関の研究・教育に従事する修了生の数も増えてきています。また、語学力を生かし、公的機関や一般企業の国際関係の部署で活躍する修了生も多くいます。